2019年2月22日 (金)

超高速・超指向性・完全無散逸の3拍子がそろった理想スピン流の創発と制御

2019年2月12日
大阪大学研究情報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
------------------------------------------
 研究のポイント
・理論予想以後実証できずにいた「弱い」
 トポロジカル絶縁体※1状態の直接観察に
 世界で初めて成功した。
 
・従来の「強い」トポロジカル絶縁体では
 不可能であった無散逸の理想的スピン流※2
 を実現した。
 
・通常絶縁体(スピン流OFF)と「弱い」
 トポロジカル絶縁体(スピン流ON)の
 切り替えが室温近傍で可能となり、
 スピントロニクス※3応用への道筋を
 開いた。
------------------------------------------
 
 素晴らしいですね。
 
>本研究では、スピントロニクス応用に向けて
>熱望されている理想スピン流を創発する
>「弱い」トポロジカル絶縁体を世界で初めて
>実証・観測しました。
 
>これによりレーザー照射で情報を可逆的に
>書き換えが可能なDVDの「スピントロニクス」版
>も可能であり、トポロジカル物性の真髄とも
>言える無散逸スピン伝導を利用した
>次世代のスピントロニクス技術に新展開を
>もたらすことが考えられます。
 と言っています。
 
 「スピントロニクス」期待が持てそうです。
 これから、どんなスピン流デバイスが開発されるのか?
 
 期待を持って待ちたいと思います。
 
 とは言いながら実際に製品として世の中に
出て来るまでには、まだ、まだ、時間がかかるとは
思いますが、重要な一歩になる結果だと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

深海用8Kスーパーハイビジョンカメラの開発に成功 ― 超高精細映像で深海研究に新たな可能性を ―

2018年 10月 25日
国立研究開発法人海洋研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
------------------------------------------
 国立研究開発法人海洋研究開発機構
(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という。)
海洋工学センター海洋基幹技術研究部の
石橋正二郎主任技術研究員らは、
日本放送協会(会長 上田 良一、以下「NHK」
という。)と共同で、
深海用8Kスーパーハイビジョンカメラ
(以下「U8K-SHVカメラ: Underwater
8K Super Hi-Vision カメラ」という。)
の開発に成功し、深海底熱水域の
超高精細映像を取得しました。
------------------------------------------
 
 話しは違いますが、
 
 NHKスペシャル ディープオーシャン
「潜入! 深海大峡谷 光る生物たちの王国」
 を見ました。
 
 素晴らしい! すごく興味をそそられました。
 
 深海にはいろいろな動物たちが賢明に生きて
いることがわかり、びっくり、驚きの連続でした。
 
 思っても見なかった魚たちも出て来ました。
 
 8Kスーパーハイビジョンカメラでの撮影には
大いに期待したいと思います。
 
 必ず、新しい発見があるでしょうし、
今まで見えなかった発見もあるはずです。
 
 深海にも、ハッブル宇宙望遠鏡で見る宇宙に
匹敵する未知の世界があるのだと確信しました。
 
 
 今回の「U8K-SHVカメラ」が提供する超高精細な
深海映像に大いに期待して研究の進展を見守りたい。
 
 技術の進歩は素晴らしいですね。
 
 大いに期待して未知の世界の開拓に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

ペンギンが高速に泳ぐ仕組みに倣った摩擦低減バブルコーティング

2018.10.26
物質・材料研究機構 内藤昌信
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
------------------------------------------
 <研究成果のポイント>
・ペンギンが流動抵抗を低減して高速に泳ぐ
 秘密は羽毛中に含まれた気泡にあった。
 
・樹脂とフィラを組み合わせることで水中でも
 気泡を保持できるバブルコーティングを開発
 
--------------------------
 <研究成果の概要>
 船舶輸送にとって水から受ける摩擦抵抗の
低減は、コストやエコの観点から重要な課題
です。
 その対策の糸口として、私たちはペンギンが
水中で高速に泳ぐ秘密に着想を得た
“バブルコーティング”を開発しました。
 このバブルコーティングは、塗膜中に空気の
気泡を保持し、塗るだけで超撥水・多孔性塗膜
を形成できることが特徴です。
 船舶だけでなく医療や食品、建材など、
摩擦の低減が求められている幅広い分野への
応用が期待できます。
------------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
>ペンギンは、撥水性の羽毛の中に空気のバブル
>を保持し、それを加速に併せてバブルとして
>放出することで、瞬間的な摩擦低減効果を得て
>いると言われている。
 
>我々が今回開発したバブルコーティングは、
>樹脂とフィラを混ぜるだけという簡便な方法で
>高い気泡保持能と超撥水性を発現できる点が
>これまでの撥水技術とは一線を画する
>オリジナリティーである。
 と言っています。
 
 動物は素晴らしい能力を持っています。
 その能力に習うこと。
 
 素晴らしいです。
 
 今後の進展を大いに期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

中性子によるコンクリート内塩分の非破壊測定 -鉄筋腐食に対するインフラの健全性維持に貢献-

2018年10月25日
理化学研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
------------------------------------------
 沿岸や山間部にある橋梁のような塩害[3]を
受けるコンクリート構造物の診断技術として
利用することが可能で、落橋などの重大な事故
を未然に防ぎ、インフラの健全性維持に
大きく貢献すると期待できます。
------------------------------------------
 
 素晴らしい研究です。
 
 インフラ老朽化の問題は色々言われていますが
同時に改善していくことは経済的に無理があると
考えますので、効率的な改善が必要と思います。
 
 その意味で、今回の研究は、
多く存在するコンクリート構造物に対し、
問題点があることの指摘を確実に出来る
ようになる技術と考えます。
 
 是非、直ぐにでも活かして欲しいものです。
 
 とは言え、実際に現場で活躍出来るまでには、
まだまだ時間がかかるものと考えられますが、
早く実現出来るよう、今後の進展を
大いに期待して待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

【研究成果】アンモニア分解ガスから燃料電池自動車の燃料水素を高効率で回収する水素精製装置を開発

2018/10/11
広島大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
------------------------------------------
 アンモニア分解ガスから燃料電池自動車注1)用
高純度水素を高効率で回収する水素精製装置を
10Nm3/hの規模で開発し、水素回収率注2)90%を
初めて達成しました。
 
 また、10%のオフガスをアンモニア分解用
熱供給装置に供給することができ、
エネルギー効率注3)80%以上で高純度水素の
製造が可能となりました。
 
 本成果によって、アンモニアから安価な
高純度水素を製造でき、燃料電池自動車や
燃料電池フォークリフトの燃料として
供給することが可能となります。
------------------------------------------
 
>CO2削減に大きく貢献することになります。
 とのこと。
 
 良いですね。
 
>アンモニアを燃料電池自動車用水素燃料へ
>利用するための技術の大きな進展
 
 と言っていますが、どの程度実用化まで
かかるのでしょうか?
 
 研究成果発表 → 実用化
までには時間がかかりますから、
 
 とは言え、実用化までかなり近そうな
感じですね。
 
 今後の進展を大いに期待して待ちたいと
思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

有機×無機の新視点! 卵由来のタンパク質と光エネルギーを利用した高効率な水素製造に成功!

2018年02月09日
大阪市立大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
------------------------------------------
 ポイント
 
・安価で入手しやすい鶏卵由来のリゾチーム
  結晶と、無尽蔵の光エネルギーを使って
 水素が製造できる光触媒システムを構築!
 
・高効率で水素を製造!(水素の収率76%→85%)
 
・リゾチーム結晶の内部間隙に機能性分子と
 ナノ粒子を集積化することで、
 合理的な触媒システムの設計が可能に!
------------------------------------------
 
 ご存じのように、
 
>水素はエネルギー効率が高く、
>利用時にCO2などの温室効果ガスを排出しない
>特徴を有していますが、水素の大部分は、
>化石燃料から製造されており、
>製造段階で二酸化炭素が発生していること、
>また外部から多くのエネルギーを供給しなければ
>ならないという問題があります。
 
 今回の成果は、この問題に対してかなり希望の
持てるものだと思います。
 
 よりクリーンな世界の構築の為に更なる研究の
進展があるよう期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

オイル生産性が飛躍的に向上したスーパー藻類を作出

2018.08.20
東京工業大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
要点
 
・藻類のオイル生産性向上を阻害していた
 課題を解決
 
・オイル生産と細胞増殖を両立しながら
 オイル生産性を飛躍的に向上
 
・バイオ燃料生産の実用化への道を拓く
---------------------------------------
 
>今回の発見は、藻類でのオイル生産性向上
>における最大の課題を根本的に解決した
>と言え、藻類によるバイオ燃料生産実用化
>へのブレークスルーになると期待される。
 と言っています。
 
 期待したいです。
 
 今まで期待出来そうで出来なかったことが
出来るようになるかも知れません。
 
 関連投稿
 
 いろいろ研究されているようだし、随分時間も
経ちました。
 
 そろそろ実用化して貰いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

レーザーで叩いて、レーザーで聞く!-トンネルの安全性を検査する、レーザー打音検査法  動画公開-

2018/07/31
国立研究開発法人
量子科学技術研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
-----------------------------------------
 
 レーザー打音検査法良さそうですね。
 今までは人がハンマーで叩いて打音検査を
していたのですが、あまりに効率が悪かった。
 
 これは良さそうです。
 積極的に進めて欲しい。
 
 大いに期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

頻繁なインターネット習慣が小児の広汎な脳領域の発達や言語性知能に及ぼす悪影響を発見

 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
発表のポイント】
 
・小児の3年間の縦断追跡データを
 用いて、インターネット習慣が数年後の
 言語知能や脳の灰白質や白質の
 容積の変化とどう関連しているかを
 解析した。
 
・頻回のインターネットの習慣のある
 小児は言語知能が3年後に相対的に低下
 している傾向があった。
 
・頻回のインターネット習慣のある小児は
 広範な領域の脳の灰白質・白質の容積が
 相対的に減少していた。
 
・発達期の小児の頻回の
 インターネット習慣には一層の注意が
 必要であると示唆された。
---------------------------------------
 
 意外な結果です。
 
 早期のインターネット使用はプラスの
効果があるのだと思っていました。
 
 何がそういう結果を生んでいるのかの
解析が重要と思います。
 
 
 今後の研究に期待しています。
 
 もっとも評価は難しいと思います。
 
 バイリンガル環境が人の成長に良いのか
そうでないのかすら、色々な専門家が
違う事を言うので、良いのか、
そうでないのかすらはっきりしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

深層学習を用いた重要代謝物探索法-食品の産地判別や旬の美味しさを示す物質探索に期待-

2018年1月24日
理化学研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 理化学研究所(理研)環境資源科学
研究センター環境代謝分析研究チームの
菊地淳チームリーダーと伊達康博研究員の
研究チームは、深層学習(DL)[1]に
着目してメタボロミクス[2]研究に
最適化した「DLアルゴリズム」を
開発しました。
 
 実際に、魚類の核磁気共鳴(NMR)
[3]データを解析し高精度な産地判別が
可能なことを示し、この判別に寄与する
重要代謝物探索法も確立しました。
---------------------------------------
 
 面白そうですね。
 
 
>実際に研究チームは、2017年に理研と
>包括協定を締結した水産研究・教育機構
>と共同で高級魚スジアラなどの
>養殖技術高度化注4)に着手しており、
>当該分野の産業競争力向上への貢献が
>期待できます。
 
>将来的には、天然魚の優れた特性を
>養殖魚に反映させたり、
>解析結果を環境持続性の評価指針と
>するといった展開も期待できます。
 
 興味深い展開が出来そうです。
 
 大いに期待して待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧