2016年7月28日 (木)

「今を生きるということ」

「今を生きるということ」
 
 人は今、この瞬間にしか生きることが
出来ません。
 
 何秒か後は、既に過去です。
 もう過ぎてしまったこととなり、
取り返すことは出来ません。
 
 今の行動は、自分の希望する
未来へ向かっての行動なのです。
 
 あるいは、振り返って見た時に、
良い思い出となるような瞬間であって
欲しい。
 
 だから、今の行動が大切なのです。
 
 残念ながら、時間は止まりません。
 
 今を生きるとは、
例えば、人の話を聞いている時は、
聞いている最中に反論を考えている
ようでは、今を生きていることには
ならないのです。
 
 話しを聞いている時は、そのことにのみ
集中すべきなのです。
 
 その時はしっかり終わりまで聞いて、
何を言わんとしているのか?
 
 そのことをよく考えなければいけません。 
 世の人は多分、大多数が、最後まで
人の話しを聞いてはいない。
 
 残念ですね。
 
 「今を生きていないということです」
 
 今、この瞬間をかみしめ、大切に、
「良い今」となるように、大切に生きたい
と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

「ベストチョイス」にこだわらない

2016年6月17日 早稲田の学問
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
・意思決定のメカニズム
 
・「最善」とは何を意味するのか?
 
ベストを求めすぎることの
わなに陥らないために、
私たちはどう考えればよいのだろう
 
-----
 多くの人は「ベストなもの」が
常に存在すると思っています。
 
 しかし、通常の意思決定では
多くの属性を考慮する必要がありますから、
「ベストチョイス」は一般的には
存在しないと言えます。
 
 大きな意思決定では、むしろベストな
意思決定を求めすぎて混乱するよりも、
最重視する価値に基づく決定をすることが
より大切になるのだと思います。
---------------------------------------
 
 大変参考になりました。
 その通りだと私も思います。
 
>大きな意思決定では、
>むしろベストな意思決定を求めすぎて
>混乱するよりも、最重視する
>価値に基づく決定をすることが
>より大切になるのだと思います。
 同感です。
 
 今後決断する時の指標にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

そうだったのか!「いただきます」本当の意味

allabout
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 食事を始める時の「いただきます」
には、2つの意味があります。
 
■1つめは、食事に携わってくれた方々
への感謝です。
 料理を作ってくれた方、配膳をして
くれた方、野菜を作ってくれた方、
魚を獲ってくれた方など、その食事に
携わってくれた方々へ感謝のこころを
表しています。
 
■2つめは、食材への感謝です。
 肉や魚はもちろんのこと、野菜や果物
にも命があると考え、
「○○の命を私の命にさせていただきます」
とそれぞれの食材に感謝しており、
こちらが本意だと言われています。
-----
 そこで思い出したのが、給食費を払って
いるのだから「いただきます」を言う必要
はないと学校に申し入れた親がいる、
という話です。
 
 もう何年も前のことですが、世間の話題
になった際、世知辛い世の中になったもの
だと嘆く方が多かったのを覚えています。
 
 また、お金を払っているのだからお店で
「いただきます」を言う必要はないと
考える人が少なからずいるそう。
 
 いずれもお金が中心で、
「いただきます」の6文字に、
生きる姿勢が垣間見えます。
---------------------------------------
 
 つい忘れがちになってしまうけれど、
感謝する心を失ってはいけないはず。
 
 人は他の命を奪うことなしに、
生きることが出来ないことを、
心に重く留めることが必要なのでは
ないでしょうか?
 
>給食費を払っているのだから
>「いただきます」を言う必要はない
>と学校に申し入れた親がいる。
 なんと寂しい考え方なのかと思う。
 
 日本古来の思いをかみしめて欲しいと
思う。
 
 お金の対価としての食べ物という
だけでは悲しい。
 
 失われた大小の命をどう考えて
いるのでしょうか?
 そんなことはどうでも良いと
いうのは人間の思い上がりだと思う。
 
>人と人との関わりや食への関心が
>高まる今、
>「いただきます」「ごちそうさま」に
>教えられることは多いでしょう。
>子育て中の方はなおさらです。
>何気ない挨拶ですが、意味を知って
>使うことで、こころの栄養に
>つながるのではないでしょうか。
 同感です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

難病と診断された時、知っておくべき事:復習

突然難病だと診断された時、困って
しまいますよね。
私も突然で唖然としました。

そういう瞬間を経験する(した)人がかなり
いるはず。

ということで、私自身の復習も兼ねて整理
してみましたので参考にしてください。

私は脊髄小脳変性症と診断されました。
そのケースということで述べています。
考慮してください。

1.診断されたら、まずその病気について
知ること。

その場合参考になるのが難病情報センター
です。
このページは最近新しくなったようです。

病気の解説(130疾患):一般利用者向けと
医療従事者向けに分かれています、
各種制度・サービス概要、FAQ、
難病性疾患研究班情報など
良く整理されています。

例えば、医療従事者向けの脊髄小脳変性症
の項目を見ると、我が国における脊髄小脳
変性症の疫学としてグラフでどんな種類の
疾患ががどんな割合で存在するのかを概観
できます。以前はなかったと思います。

ただ、医療従事者向けですので、なんの
説明もなく、略号がでてくるのが難点
です。一般向けにもあって良い情報だと
思いますが、

なので少し補足しておきます。
グラフに出てくるAD-SCD、AR-SCDと
言うのは、
AD:常染色体優勢遺伝、
AR:常染色体劣性遺伝
のことです。

左側のグラフになりますが、
大きく分けて、非遺伝性のものと遺伝性
のものに分かれます。

すごくおおざっぱな言い方をすると、
約70%が非遺伝性(ここでは弧発生という
言い方)残りの約30%が遺伝性になります。

非遺伝性の中の約70%がMSA、約30%がMSA
以外のSCDです。

遺伝性のSCDではADのタイプが約30%、ARの
タイプが約2%、後はその他SCDのひとつに
分類されています。

遺伝性のSCDをグラフ化したものが右側の
グラフということになります。

またおおざっぱな言い方をすると、
約30%がSCA3:MJD(マシャド・ジョセフ病)、
約20%がSCA6、約10%がDRPLA、それぞれ
約2.5%がSCA1,SCA2
ここまで全てAD-SCDです。

その他が37.4%となっていますが、実は
最近発見されたSCA31(AD-SCD)が約13%位
含まれます。
後が本当のその他で、さらに沢山の種類の
SCAがその中に入ります。
その中には、AR-SCD、XR-SCAも含まれる
ことになります。(XR: X染色体劣性遺伝)
比率としては少ないですが、いろいろ
あるのです。

日本ではADのタイプがほとんどですが
現在判明しているタイプ全体で約90%と
なるとのこと。

従って、ほぼ遺伝診断可能なのですが、
確定診断を出せないケースがまれにある
はずです。
ご参考まで、

データは発表時期、機関で変わりますので
あまり細かく分類しても意味がないように
思います。
上記数値はSCD,MSA友の会ニュース記事より
入手したものです。

2.次に申請関連ですが、
 2.1自分の疾患が公費対象の特定疾患
であれば、特定疾患医療受給者症の申請を
して下さい。医療費の助成が受けられます。
担当医がよくご存じだと思いますので、
申請方法などはお聞きになってください。
申請先は各地域の保険所のはずです。

 2.2障害者手帳の取得
障害の程度によって申請してください。

担当医と相談して申請の判断をすると
良いと思います。

申請先は各地域の福祉窓口です。
サービスの内容も地域毎に異なります。

2級以上の認定を貰えれば、
医療費が無料になったり、かなり福祉の
恩恵を受けることができます。

障害者手帳発行の目的は障害者の為に
ということだと思います。
なので、判定は障害の程度のみが尺度に
なります。

ちなみに私は1種2級の認定を貰って
います。

 2.3介護保険の申請
障害者手帳とは全く別の申請です。
介護保険のサービスを受けることが出来る
のは、第1号被保険者(65歳以上)や、
理由にかかわらず介護を必要とされる
第2号被保険者(40~64歳)、
特定の疾病によって介護が必要な人が
該当します。

脊髄小脳変性症の人は40歳から受けること
が可能です。

申請は各地域の福祉窓口です。
サービスの内容も地域毎に異なります。

介護保険の目的は、障害者の為にという
より適用年齢からもわかるように、人が
年をとって自然に支援ないし、介護が必要
となるであろうという前提から設けられた
ものと思っています。

従って、判定は支援、ないし介護が必要
な状態かどうかが判定基準となります。

ただ、受けてみた感想としては、
ちょっとおかしいかな?
と感じる項目があるのは事実です。
全ての人達が関係するものですから
より良いものとしていって頂きたいと
思っています。

ちなみに、私は、要支援1の認定を貰い
ました。

それで、さっそく、家の中に、てすりを
1割負担で取り付けました。
あと、歩行器のレンタルを、
これも1割負担ですね。

福祉制度はせっかくあるのですから、
積極的に利用しましょう。

 2.4障害者年金の申請

これが一番大事でしたね。

 正直に白状しておきます。

 全くこのことに無頓着すぎました。

 結果、明らかな障害者なんですが、

認定不可でした。

 老齢年金受給者です。

 時既に遅し、でした。

 65歳到達以前でなければ駄目だと

思ってください。

 

 障害年金制度について調べて

ください。 必須です。

 本来取得出来る人が出来なく

なるケースが多いようです。

 無知でした。無知のままにして

おく行政も、医師もおかしいですが、

 無知は怖ろしいと実感しました。

3.難病関連の最新情報の入手

素人での情報入手は難しいと思います。

最新の情報が欲しくて、検索して見るの
ですが、何故か詳細な情報は有料且つ、
医師あるいは医療関係者でなければ入手
できません。

何故日本には、米国のPubMedのような
誰でも検索し、情報を取得できる
データベースがないのか? と思います。
(かならずしも無料のものばかりでは
ないようですが、)

それ以外にも米国には、
National Ataxia Foundationなどの大きな
団体があり情報の提供をしています。
うらやましいと思う。

ですが、情報が欲しい人は多いと思って
います。
ので、私が有用だと思っている情報元を
紹介します。
参考にしてみてください。

 3.1まず治験に関する情報
厚生労働省のページにもありますが、
下記が検索しやすいと思います。
製薬会社にて開発中の新薬
フリーワードから探すに「脊髄小脳変性症」
と入力してみてください。結果として
キッセイ薬品のKPS-0373経口剤が見つかる
はずです。これ一つしかみつからないのが
残念ですね。
依然として第II相のままです。
進捗状況をもっと公開して欲しい。
良いことも、悪いことも、隠さず、即時
公開するのが情報公開のあるべき姿
と思うのだが、

臨床研究(試験)情報検索
自由にキーワードを設定してくださいに
「脊髄小脳変性症」と入力してみて
ください。
それなりの結果が表示されます。

 3.2難病に関する情報
わかってくれば、自分で良いと思う
各大学、あるいは、研究機関の
プレスリリースを見るのが良いと
思います。

私の疾患は脊髄小脳変性症なので、
その疾患に限って言えば、群馬大学
東京医科歯科大学新潟大学が良い
ように思います。

研究機関では、理化科学研究所
科学技術振興機構でしょうか?

ただ、沢山の研究テーマがあるので
すごく希にしか自分に関係する研究成果
は出てきません。→ 当たり前

それと日々のニュースですね。
47ニュースが検索出来て良いと思います。
美容健康EXPOニュースも面白いかも?

以上思いついたものを紹介してみました。

何か良い情報ソースがあれば教えて
ください。

常に探しているのですが、なかなか良い
情報が見つからないのです。

好奇心はあるのでいろいろ載せてますが、

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月29日 (水)

[災害時なぜ逃げ遅れる]心理に「あそび」 鈍る危機感

[災害時なぜ逃げ遅れる]心理に
「あそび」 鈍る危機感

2011年6月9日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 東日本大震災では、1万5000人以上
が津波の犠牲になった。
 津波警報が鳴っても、すぐに逃げなかった
人が少なくない。
 人はなぜ逃げ遅れるのか。
 心理的側面から対策を考えてみたい。
(佐藤光展)

異常事態を正常内と誤認

 「人間は安心して生きるために、心の中
に『あそび』の部分がある。
 ある範囲までの異常は異常と感じず、
正常範囲内と受け止めてしまう」。
 東京女子大名誉教授(災害心理学)の
広瀬弘忠さんは、そう指摘する。

 この「あそび」を専門用語で
正常性バイアス、あるいは正常化の偏見と
呼ぶ。小さな物音などにいつも驚いていては
神経が持たず、心を守るために必要な反応
だが、非常時に危機感を鈍らせてしまう働き
もある。

 広瀬さんが、テレビ局の控室で若い男性
約80人に行った実験では、控室にいきなり
白煙を吹き込んでも、吹き込む速度が
ゆっくりだと、7割の人が煙が充満しても
逃げなかった。

 煙は無害だが、少し刺激臭があった。
 ところが逃げなかった人たちは「いい匂い
でお香かと思った」「体によい煙だと
思った」などと都合のよい解釈をしていた。
 また、非常ベルの音、消防車のサイレン、
煙の進入、を順番に発生させて反応を見る
実験では、一緒にいる人が無反応だと、
逃げない人が多かった。

 こんな調子では、死者が多数出てしまう。
 生き残るために、何を心掛けたらいい
のか。
 東日本大震災の見事な避難例をみて
みよう。

 「地震が起こったら、君が最初に逃げる
人になれ」。

 群馬大学広域首都圏防災研究センター長
の片田敏孝さんは、7年前から防災教育に
携わる岩手県釜石市で、小中学生一人ひとり
に訴え続けた。
 そして起こった大地震。
 子どもたちは教師の指示を待たずに、
高台に向けて一斉に駆けだした。

 途中、小学生と合流した中学生は、低学年
の児童の手を引いたり、おぶったりして一緒
に逃げた。
 指定の避難場所も危ないと判断し、さらに
高台に上がって助かった子どももいた。
 同市の小中学生の生存率は99・8%。

 子どもたちが逃げる姿を見て慌てて
避難し、助かった住民も多かった。

 片田さんは「正常性バイアスに加え、自分
だけが飛び出して何もなかったら恥をかく
という思いが、避難を遅らせる。
 非常時には自分の生存を第一に考え、
ためらわず行動する自主性が何より大切。
 その素早い行動が周囲も救う」と話す。

 また、広瀬さんは「行く先々で、
避難ルートの確認を習慣づけてほしい」と
勧める。
 例えば、建物内では非常口を必ず確認
する。
 海で遊ぶ時は、高台の位置や距離を気に
留めておく。
 飛行機に乗った時は、緊急時の対応ビデオ
を必ず見る。

 「そうした短時間の確認を事前に行うだけ
で、いざという時の心身の反応が抜群に早く
なる」という。

 古今東西、災害で生き残るのは、誰よりも
早く逃げた人と決まっている。
 今、あなたの身に災害が降りかかったら、
どんなルートで逃げますか?

防災専門家の判断にも影響

 正常性バイアスは防災の専門家の意識も
鈍らせる。
 関西学院大教授の室崎益輝さんは、
阪神大震災前、震度5強を想定した神戸市の
防災計画を作成した。
 過去の記録を調べると、震度7の地震が
起こる恐れはあったが、「神戸は安全と
多くの人が信じており、私も影響された。
 震度7は私が生きている間はないと
思い込んでしまった」と悔やむ。

 今後、各地で見直しが進む防災計画や原発
の安全対策。
 正常性バイアスに陥っていないか、作成
する専門家自身が、自らに問い続ける必要
があるだろう。
---------------------------------------

>この「あそび」を専門用語で
>正常性バイアス、あるいは正常化の偏見
>と呼ぶ。
なるほど。そういう心理状態がある。

特に大人は経験もプラスされて、
かなり正常性バイアスがかかってますね。

気をつけましょう。
皆さん自身のことです。
自分の判断を常に見直すことが必要です。

>正常性バイアスに陥っていないか、
>作成する専門家自身が、
>自らに問い続ける必要があるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

【解説編】 バッテリーに寿命が存在するワケ

【解説編】 バッテリーに寿命が存在する
ワケ

2011年5月11日 PC Online

詳細は、リンクを参照して下さい。

けっこう考え違いをしている人が多いかも
知れません。

参考になると思います。

バッテリーを長持ちさせましょう。

単純には過充電、過放電に気をつけないと
いけないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

防災教育の大切さを思う

先日の朝のテレビ番組で放送されていた
内容です。

群馬大学のある先生がされた中学生を
対象とされた教育。
津波に対する心構えに対するものでした。


3つの大切なことがあると、それは、

1.防災マップ(想定)を信じるな。
  想定外のことが起きてしまった場合は
  想定していた対策は、残念ながら殆ど
  効果を出せません。
  こういうことを教えることは大切
  ですね。盲点です。

  大人は経験に左右される。
  今までこのような地震はあった。
  でも津波はこなかったと、
  子供は違う。経験が邪魔をしない。

2.最善をつくせ
  つい、指定されていた避難所などに
  たどり着くと、それで良しとして
  しまう傾向があります。
  でも、その場の状況の観察が必要だと、
  その場で、何か感じ、何かできること
  があるはずです。
  これで最善なのか、問う必要がある
  ようです。

3.率先避難者たれ
  これはすぐにわかりますね。
  真っ先に逃げなさいと。
  そうするとつられて逃げてくれる
  人が必ず出てくる。
  それが人を救う。

 というものです。
 素晴らしい教育だと思います。
 これを実践し、全員が無事に避難できた
そうです。
 素晴らしく簡潔で的を得たものだと思う。

 今後に生かしたい。

 逃げた子供達は、避難は自分達だけ
でなく、自分達が皆を救うのだという
意識を持っていたそうです。

 自分達で「避難しました」という看板を
作って避難した家にはそれを貼ったそう
です。それがない家には避難を呼びかける。
その為に、すぐ判断できるように、

津波に備えて準備することはもちろん
大切ですが、教育、心構えをしっかり
定着させることも又大切なんですね。

簡単に「想定外」と言って欲しくない。

何かやることがあるはずです。
あったはずです。

想定外の状況を想定して、その時どう行動
すべきなのか?
考え、準備しておくことは重要なことなの
だと改めて考えさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

「失敗すること」を自分に許すと失敗が少なくなるという説

「失敗すること」を自分に許すと
失敗が少なくなるという説

2011.02.05 lifehacker

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 新しいプロジェクトや仕事を
与えられたり、これまで出会ったことのない
問題にぶつかると、どうしても恐れや不安が
湧き上がるもの。
 「失敗したら、どうしよう...」とか、
「うまくやらなくちゃ!」という気持ちが、
より心とカラダを硬くしてしまうことも
あります。
 では、自信とエネルギーを持って挑戦する
には、どうすればいいのでしょうか?

 Heidi Grant Halvorson博士は、心理学系
ブログメディア「Psychology Today」で、
このテーマについて採りあげ「失敗すること
を自分に許すと、結果として失敗が減る」
と説いています。

 それは、なぜでしょうか?

 失敗から学ぶことによって、スキルや
習慣を改善でき、失敗を防げるようになる
からです。
 新しい仕事やプロジェクトに取り組む
ときは、「いまはうまくできなくて
当たり前。
 失敗するかもしれないけど大丈夫。」
と自分に言い聞かせ、自分の失敗を
受け入れる意識を持つとよいようです。

 具体的な方法としては、以下の3つの
ステップが提唱されています。

 難しいこと、慣れていないことに直面
したら、こなせるようになるまで
多少時間がかかるだろうという事実を
受け止める。

 うまくいかないときは、助けを求める
こと。
 助けを必要としていることは、自分に
能力がないということではない。
 自分は何でもできるという思い込み
こそ、愚の骨頂。

 他人と自分を比べない。
 むしろ、昨日と今日の自分の
パフォーマンスを比較して、成長している
かどうかに注目しよう。

 つい自分に厳しくなりがちな人は、
ときには温かい目で自分の成長を見守る
心がけも必要かもしれませんね。

 このテーマについては、Halvorson博士著
『Succeed: How We Can Reach Our Goals』
(英書)でも、詳しく述べられています。
ご関心のある方は、
合わせてご一読くださいね。


Why Letting Yourself Make Mistakes
Means Making Fewer of Them
[Psychology Today]

Adam Dachis (原文/訳:松岡由希子)
---------------------------------------

そうですね。
>他人と自分を比べない。
>自分のすべてを肯定すること。
大切ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

難病少女が残した歌、全国に共感の輪広がる

難病少女が残した歌、全国に
共感の輪広がる

2009年12月22日 読売新聞

詳細は、リンクを参照して下さい。

ずいぶん古い記事ですが、
良い記事だと思いますので紹介して
おきたいと思います。

---------------------------------------
 難病で肝移植手術を受けた直後に17歳
で亡くなった新潟県燕市の岡村可奈子さん
の詩「笑顔を忘れないで」が歌になり、
22日、母校の市立燕南(つばめみなみ)
小学校の6年生全員が合唱した。

 山形の合唱団がコンサートで披露する
など、病苦や厳しい境遇に負けずに笑顔で
生きた少女の詩に共感が広がっている。

 6年生の代表が「笑顔を絶やさず前向き
に頑張った可奈子さんの遺志を受け継ぎ、
心を一つにして歌います」とあいさつ、
33人が体育館のステージで、全校児童ら
を前に2か月間練習した曲をピアノ伴奏に
合わせて元気に歌いあげた。

 児童の横で可奈子さんの祖母
・和子さん(71)が遺影を胸に、
涙ながらに聴き入った。

 可奈子さんは胆道閉鎖症で、医師は
生後間もなく「成人まで生きられない」
と宣告。

 両親は子育てに絶望して離婚し、家を
去り、和子さんに育てられた。

 入退院を繰り返しながら、14歳のとき
家族や友人らに支えられて生きる自分の姿
を詩につづっていた。

 2003年1月、肝移植を受けたその日
のうちに帰らぬ人となった。
 人づてに詩を知った山形県南陽市の
音楽家須貝智郎(すがいともお)さん
(56)が昨年8月、
「病気に苦しむ人たちの応援歌になれば」
と作曲した。

 可奈子さんは学校で、病気で膨らんだ
おなかを同級生にからかわれたことも
あった。

 小川章校長が今年10月、いじめ根絶
月間で可奈子さんのことを紹介した。

 6年生の児童たちが「可奈子さんが
残した歌を合唱したい」と申し出た。
 6年生の早川七海さん(12)は
「助け合いがあってこそ生きていけると
伝える歌詞に共感しました」と話した。

 児童の合唱を聴いた和子さんは、「歌が
このように広がり、夢のまた夢。

 いじめや難病で苦しむ人たちの応援歌と
なってくれれば」と感極まっていた。

 また、南陽市の南陽男声合唱団は6月の
コンサートで歌った。
 団長の川井祐一さん(71)は「病気に
めげず、けなげに生きた姿に共感した」
と話す。インターネットで知った徳島県
美馬市立岩倉中教諭の中川亜紀さん
(51)が昨年、「悩みを抱える生徒たち
の応援歌にしよう」と校内合唱コンクール
で教員と保護者で歌い、音楽の授業でも
教える。

 「この詩がいつか歌になり、大好きな
歌手の浜崎あゆみさんに歌ってもらえたら
なあ」と夢見ていた可奈子さん。

 生きた証しとして残した詩が、雪が
積もる体育館に響いた。

 「笑顔を忘れないで」全文はこちら
---------------------------------------

素晴らしい歌ですね。

きっと
「いじめや難病で苦しむ人たちの応援歌」
になるでしょう。

命を見つめながら生きて来た人の言葉は
心に染みます。

>いつも笑顔を忘れないで
>あなたは一人ではないのだから
>「がんばろうとする勇気」勇気
大切なことですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

それ比べて意味あるの?――Apple to Orange

それ比べて意味あるの?
――Apple to Orange

2010年10月8日 DIAMOND online

詳細は、リンクを参照して下さい。

---------------------------------------
 以下の議論の問題点は何でしょうか

Aさん「最近、子どもに対する虐待が
本当に増えたよね。
 ネグレクトとかもよく話題になるし」

Bさん「この前見た資料だと、統計を取り
始めた1990年に比べて、児童虐待の
相談件数は30倍以上に増えたんですって。
 30倍以上よ!」

Aさん「いやな時代よね」

Bさん「本当に」

Aさん「でも、30倍以上ってすごいわね。
 平成時代になって、どんどん若い親が
無責任になっているのかしら。
 それとも、昔に比べて、子どもに対する
愛情というものが薄れたのかしら」


――解答です

 今回の落とし穴は、“Apple to Orange”
です。
 本来、単純に比較してはいけないものを
そのまま比較してしまい、間違った推論を
してしまうというものです。

 今回のケースでは、児童虐待の相談件数
が、ここ20年ほどで30倍以上に増えた
ことを理由に、若い親が無責任になった、
あるいは子どもへの愛情がなくなって
きたという推論をしています。

 しかし、そもそも、児童虐待の相談件数
は、本当に児童虐待の実態件数を反映して
いると言えるでしょうか。
 見方を変えて言えば、20年前は、
児童虐待の数が本当に現在の30分の1以下
だったのでしょうか?

 常識的に考えれば、やはり急増しすぎの
感があります。
 昔だって、たとえば育児ノイローゼから
児童を虐待する親はいたでしょう。

 このケースでは、児童虐待の
報告件数が、必ずしも児童虐待の実数を
反映していない可能性が高そうです。

 相談件数が増える可能性はいくつか考え
られます。
 たとえば以下のようなものです。

1)マスコミ等の報道によって児童虐待
に対する関心が増した結果、昔だったら
相談しなかったような人でも、相談して
くるようになった

2)児童虐待というものに対する認識の
基準が厳しくなった。
 たとえば、昔であればちょっとした
躾として許容されたような行為
(例:軽くつねる)が、あざが残るなど
して、児童虐待ではないかと疑われる
ようになった

 今回のケースでは、こうした要因が
重なり、「報告件数」が増えた可能性が
考えられます。

 おそらく、「ネグレクト」などの
報告件数も似たような傾向にあるで
しょう。

 「ネグレクト」という概念は比較的最近
のものです。
 概念がない時代には、そもそも測定すら
されていません。
 「今考えれば、あれはネグレクトだった」
という事例もあったはずですが、昔は
そうした考え方が浸透していなかった
ため、報告件数だけを見ると、近年に
なって急増しているように見えてしまう
のです。

 このケースに限らず、何か数字を比較
するときには、「比較して意味があるか」
ということに強く注意する必要があります。

 以下は、よく起こりがちな
“Apple to Orange”のパターンです。

・定義が違う(例:C国とD国では
「失業者」の定義が違うのに、単純に
失業率を比べてしまう)

・調査対象が違う(例:E社の従業員
満足度調査は正社員のみ対象なのに対し、
F社ではフルタイムの契約社員や派遣
社員すべてを対象に調査を行っている)

・集計方法が違う(例:G新聞社の調査は
電話アンケート、H新聞社の調査は
インターネット調査)

・時期や場所が違う(例:去年の調査は
繁忙期で余裕のない時期、今年の調査は
閑散期で余裕のある時期に行った)

 数字は、1つの数字のみでは意味を持ち
ません。
 別のある数字(過去の数字、
予算の数字、他社の数字など)と比べて、
初めてそこに意味合いが生まれます。
 だからこそ、本当に比べて意味のある
数字同士となっているのか、言い換えれば、
“Apple to Orange”ではなく、
“Apple to Apple”になっているかに
注意を払わなければいけないのです。
---------------------------------------

そうですね。
注意したいと思います。

政府発表の統計数値などは、
その取得方法、条件などについて
公開されているのでしょうか?
注意して見て行きたいと思います。

比べて意味のあるものかどうか?
その条件について、

基本は数値で比較するのが正しいやり方
だと思っています。
定性では駄目で定量化しないと比較の
しようがない。

その時気をつけないといけないのは、
“Apple to Apple”になっているか?
ということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧