2018年1月17日 (水)

がん早期発見へ新技術 日立は尿解析、島津はAI活用

2018年1月17日
日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 がんの早期発見につながる新技術が
相次ぎ登場する。
 
 日立製作所は国内で初めて尿で乳がん
や大腸がんを見つける技術を確立した
ほか、
 島津製作所も人工知能(AI)を
活用してがんを2分で判別できる装置を
開発した
---------------------------------------
 
 1月15日の投稿でも言いましたが、
液体生検(リキッドバイオプシー)
拡大中です。
 
 今回は、日立と島津製作所の話題です。
 
 大いに期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

癌の早期診断マーカー、マイクロRNAの超低濃度診断に成功~DNAコンピューティング技術を利用~

2017年10月13日
東京農工大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国立大学法人東京農工大学大学院
工学研究院生命機能科学部門の
川野竜司テニュアトラック特任准教授と
同大学大学院生 平谷萌恵、
同大学大学院農学研究院動物生命科学部門
の永岡謙太郎准教授と
大学院生 張浩林のグループは、
DNAを用いて情報処理を行う
「DNAコンピューティング技術」と
一分子のDNAを検出できる
「ナノポア(注1)」を用いて、
癌の早期診断マーカーである
マイクロRNAの特異的、
超低濃度検出に成功しました
 
 本技術は健康診断などで体液から
直接検査する簡易診断への応用が
期待されます。
---------------------------------------
 
 液体生検(リキッドバイオプシー)良い
ですね。
 心身への負担が少ない早期診断法として
拡大して行くのが理想です。
 
 最近少しづつですが、可能になりつつ
あるようです。
 
 
>今後は、本方法により健康診断のような
>大規模診断の現場において
>癌の早期簡易診断として検査を行い、
>陽性の場合精密検査を行うような
>ファーストスクリーニング技術としての
>展開が期待できる。
 と言っています。
 
 
 大いに期待したい。
 早期診断大切ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

膵がん細胞表面の糖鎖をレクチン融合薬で狙い撃ち

2017/09/26
産業技術総合研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・難治がんの代表である膵がん細胞表面に
 強く発現している糖鎖1)と、
 それを特異的に認識するレクチン2)
 (糖鎖結合能力を持つタンパク質)を
 発見しました。
 
・レクチンに抗がん薬を融合させた
 LDC (Lectin Drug Conjugate) は、
 血液凝集などの副作用がなく、
 安全に生体に投与できることを
 マウスで確認しました。
 
・細胞最外層を覆っている糖鎖を、
 レクチンにより標的するという
 新規アプローチにより、
 様々なマウス膵がんモデルの治療に
 成功しました。
 
・高価な抗体治療薬に取って代わる、
 安価なポスト抗体医薬として
 レクチンが有力な薬剤キャリアー
 になる可能性を示しました。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
 今までは、がんを認識する抗体を利用
して抗体医薬を開発してきましたが、
抗体医薬は動物細胞でしか生成できない
ため非常にコストがかかることに対して
糖鎖を認識するレクチンは微生物を用いて
生産することが可能で、圧倒的に安価
であるらしい。
 
 
 
 今後の展開として
>今回開発したLDC
>(rBC2LC-NとPE38の融合体)の
>動物での安全性、有効性を確かめる
>非臨床試験を実施し、
>膵がん患者に対するFirst in human
>(新規治療法を初めてヒト患者さんへ
> 応用する事)の治験を目指します。
 とのこと。
 
 
 期待したいです。
 
 安価であることは、これからの医療
にとって非常に重要なこと。
 
 高価な薬ばかりでは医療費が膨大
になりすぎ、破綻してしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

ヒトiPS細胞からミニ肝臓の大量製造に成功-再生医療への応用を大幅に加速-

平成29年12月6日
横浜市立大学
日本医療研究開発機構
株式会社ヘリオス
株式会社クラレ
味の素株式会社
株式会社ニコン
カールツァイスマイクロスコピー株式会社
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 横浜市立大学 学術院医学群
臓器再生医学 武部貴則准教授、
谷口英樹教授らの研究グループは、
複数の企業との産学連携体制のもと、
iPS細胞からヒトのミニ肝臓(iPSC肝芽)
を、大量製造する手法の開発に
成功しました。
 
 京都大学iPS細胞研究所・山中伸弥教授
らの樹立した、日本人への免疫適合性の
高いHLA型をもつHLAホモドナーiPS細胞
(研究用)から、ミニ肝臓作製に必要な
3種類の全ての細胞および小型化した
ミニ肝臓を、高い品質を担保して
製造することが可能となりました。
 
 さらに、大量製造されたミニ肝臓は、
移植により、重篤な肝疾患を発症する
免疫不全マウスの生存を大幅に改善する
ことを実証しました。
---------------------------------------
 
 素晴らしいと思います。
 
 今回の成果は、
再生医療の実施に、あまりに高価な
治療費がかかることの解決に
貢献出来るかも知れません。
 
 ただ、日本に於ける再生医療の
進展速度は世界と比べると遅れている
ようです。
 
 研究費の問題は大きそうです。
 
 ノーベル賞はもう日本からは
生まれない。
 と言う話しがあるくらいですから、
真剣に議論して貰いたい。
 
 
>我々の開発技術に基づく肝疾患に対する
>再生医療が実現化できれば、
>多くの患者を救済することの可能な
>革新的な医療技術となるとともに、
>大きな経済的効果をもたらすことの
>可能なライフサイエンス産業における
>イノベーション創出が期待されます。
 と言っています。 
 
 大いに期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

画像診断における被曝を二桁以上低減できる可能性を持つ画期的なX線イメージング法を立証

2017年12月11日
モナシュ大学
公益財団法人高輝度光科学研究センター
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 オーストラリア・モナシュ大学・物理
天文学科のマーカス・キッチン上席研究員
らは、公益財団法人高輝度光科学研究
センター(理事長土肥義治)の
上杉健太朗主席研究員、
八木直人特別研究員、
及びメルボルン大学、
ニューイングランド大学、
ハドソン医学研究所の研究者らと共同で、
大型放射光施設(SPring-8)の
中尺ビームラインBL20B2を使った
実験において、X線の屈折を利用した
撮影法を用いることにより、
医療画像診断における被曝量を
二桁以上低減できる可能性があることを
示しました。
 
 本研究は、共著者のフーパー教授の
長期利用課題のビームタイムの一部を
利用して行われました。
 
 本研究成果は、2017年11月21日付けで、
「Scientific Reports」に
オンライン掲載されました。
---------------------------------------
 
 素晴らしいですね。
 被曝量を二桁以上低減できる可能性
をあるらしい。
 
 実用化はいつ頃なのかな?
 
 診断の為とは言え被曝量は低い程
良いはず。
 
>今後の位相イメージング法の
>臨床利用への期待が高まります。
 
 大いに期待しつつ、待ちたいと
思います。
 
 必ずやこの技術が活かされる日が
来るはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

尿中マイクロRNAから「がん」を特定

2017年12月16日
名古屋大学
九州大学
国立がん研究センター
科学技術振興機構 (JST)
日本医療研究開発機構(AMED)
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 名古屋大学大学院工学研究科の
馬場 嘉信教授、安井 隆雄助教らの
研究グループは、九州大学先導物質化学
研究所の柳田 剛教授、
国立がん研究センター研究所分子細胞
治療研究分野の落谷 孝広分野長、
大阪大学産業科学研究所の川合 知二
特任教授との共同研究で、
尿1mLから、
がん(肺、膵臓、肝臓、膀胱、前立腺)を
特定する技術を新たに発見しました。
---------------------------------------
 
 素晴らしいです。
 非侵襲がん診断の技術進んで来ました。
 血液からとか、今回は尿。
 
 
>ナノスケールの棒(ナノワイヤ)を
>用いて、尿中の細胞外小胞体を捕捉する
>新しい技術を構築し、
>そのナノワイヤが尿中細胞外小胞体を
>99%以上捕捉する新しい素材であること
>を発見しました。
 とのこと。
 
 この種の技術が益々発展するよう
大いに期待したい。
 
 非侵襲と言うのは素晴らしいこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

血液がん、症状が長期安定 新型免疫療法の臨床試験

2017/12/11
日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 この療法はキメラ抗原受容体T細胞
(CART)療法と呼ばれ、
米国では子供の白血病患者などで
承認されている。
 
 チームによると、初めての国際的な
多機関による臨床試験といい、
日本の北海道大や国立がん研究センターも
含め、欧米、アジアなど10カ国27機関が
参加した。
---------------------------------------
 
 CART療法有効そうですね。
 
 初めての国際的な多機関による
臨床試験だそうです。
 
 まだまだ始まったばかりの段階で
かなりの頻度で副作用も出ているよう
ですが、今まで救えなかった患者を
救える可能性が増えると思われます。
 
 
 これからも積極的に国際的な治験を
拡大して頂きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

網羅的遺伝子スクリーニング技術を用いて卵巣がんに対する新規治療標的を発見

2017年9月19日
大阪大学研究情報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・網羅的遺伝子スクリーニング技術
 を用いて、マウス生体内で
 上皮性卵巣がんの新規治療標的を
 探索した結果、核輸送因子をコードする
 遺伝子KPNB1を含む多数の新規治療標的
 を同定。
 
・抗寄生虫薬として広く安全に
 使用されているイベルメクチンが、
 KPNB1依存性の抗腫瘍効果を有して
 おり、パクリタキセルとの併用で
 強い腫瘍退縮効果を示すことが判明。
 
・上皮性卵巣がん治療において、
 イベルメクチンの
 ドラッグ・リポジショニングの
 可能性が示された。
---------------------------------------
 
 Good Newsですね。
 
 網羅的遺伝子スクリーニング技術
進歩しています。
 
 望ましいのは新規治療薬だと
思いますが、既存の薬にも可能性が
出てくるのは素晴らしいです。
 
 患者に直ぐに使えることは
何にも代え難いことです。
 
 新薬の開発は時間がかかる。
 気が遠くなる程です。
 
 このような研究の進歩によって
少しでも多く既存薬が役だつ
ようになると良いですね。
 
 今後の研究の進展に大いに
期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

脳磁場を簡便に低コストで計測する高感度センサを開発~心磁場測定の高速化も同時に実現 ― 革新的な医用計測技術~

平成29年11月24日
東北大学 大学院工学研究科
東北大学 大学院医学系研究科
コニカミノルタ株式会社
科学技術振興機構(JST)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
○トンネル磁気抵抗(TMR)素子を
 用いた生体磁場検出用センサの
 飛躍的な高感度化と低ノイズ化に
 成功し、脳からのα波に相当する
 磁場信号(脳磁図)の検出に成功した。
 既存の脳磁計では高価な液体ヘリウムを
 用いた冷却が必要であったが、
 今回、世界で初めて室温で簡便に動作
 するTMR素子で脳磁場をとらえた。
 
○同素子を用いた心磁場計測において、
 世界で初めて積算なしで信号検出する
 ことに成功した。
 心臓の活動の様子をリアルタイムで
 非侵襲に測定可能であることから、
 虚血性心疾患や不整脈などの
 心疾患の診断が大幅に向上することが
 期待できる。
 
○これらの計測技術を用いた脳磁計および
 心磁計の実現により、被験者の測定環境
 の制限が緩和され、将来的には
 ウェアラブル測定、運動時の測定、
 車載など被験者が意識しない環境での
 測定などが可能となり、
 計測医療の分野において革新的な変化が
 期待される。
---------------------------------------
 
>世界で初めて室温で簡便に動作する
>TMR素子で脳磁場をとらえた。
 画期的ですね。
 
 
>本研究において実現した、室温における
>簡便な脳磁場計測は生理学者および
>臨床医の長年の夢でした。
 
>本成果を契機として、室温脳磁場計測の
>研究が加速的に進展すると考えられます。 
 
 まだ、現在のセンサの感度では
用途は限定的なようですが、
 
 さらに、
>今回の成果は、医学応用に限らない
>多様な応用分野の開拓にもつながって
>いくものと期待されます。
 とも言っています。
 
 大きな可能性を感じますね。
 
 本格的な実用化に向けて、進展する
よう大いに期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

アルツハイマー病治療薬候補の中に広範囲な感染症に効く薬がある!

2017年11月28日
大阪大学研究情報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・アルツハイマー病治療薬として
 開発されたガンマセクレターゼ阻害薬
 ※1の1部に、C型肝炎ウイルス(HCV※2)
 の増殖に必須なシグナルペプチド
 ペプチダーゼ(SPP※3)を抑える活性が
 あることを発見しました。
 
・SPP阻害剤は全ての遺伝子型のHCVに
 効果があり、現行のDAA※4と呼ばれる
 抗HCV薬と比べ、薬剤耐性ウイルスが
 出現しない長所があります。
 また、SPP阻害剤は、HCVだけではなく、
 マラリアやトキソプラズマなどの
 原虫感染症にも効果があることを
 発見しました。
 
・ガンマセクレターゼ阻害薬と
 SPPの相互作用を三次元立体構造予測
 に基づいて明らかにしたことで、
 より強くウイルスを抑制できる化合物
 の開発を可能にしました。
---------------------------------------
 
 意外に既存薬には、その開発目的以外
にも効果があるケースが存在しますね。
 
 今回は複数の効果が認められ、且つ
三次元立体構造予測も使ってさらに良い
薬の開発にまで応用出来そうで、
素晴らしいと思います。
 
 
>マラリアやトキソプラズマ由来のSPPも
>切断することから、SPP標的とした
>創薬開発は、C型肝炎だけでなく、
>抗原虫薬としても期待されます。
 と言っています。
 
 
 今後の展開に大いに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧