2017年7月27日 (木)

アルツハイマー型認知症治療薬「T-817MA」の米国第II相臨床試験

2017年7月19日
富士フイルム株式会社
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 富士フイルム株式会社は、軽度から
中等度のアルツハイマー型認知症
(以下AD)患者を対象としたAD治療薬
「T-817MA」の米国第II相臨床試験
において、下記の臨床効果を
統計学的有意差をもって確認したことを
お知らせします。
 
・罹病期間が短い患者群
 (患者全体の中央値2.6年以内)での
 認知機能低下の進行を大幅に抑制
 
・脳脊髄液評価対象患者において、
 リン酸化タウ(以下p-Tau)の減少
 
・Volumetric MRI(*1)評価対象患者全体
 において、海馬(*2)の萎縮抑制の傾向
 
 一方、マサチューセッツ総合病院
神経科副理事のRudolph Tanzi博士が
行った、ADのリスク遺伝子を発現させた
ミクログリア細胞(*3)に対する
「T-817MA」の効果を確認する研究では、
「T-817MA」がミクログリア細胞に
作用し、アミロイドβ(以下Aβ)の
排除を促進することも明らかに
なりました。
 
 これらの結果から、「T-817MA」は
ADの主要な原因物質であるp-TauやAβに
作用し、ADの病態の改善に関与すること
が示唆されます。
 
 今後、富士フイルムは、
FDA(米国食品医薬品局)を含めた
規制当局と米国第II相臨床試験結果
について協議し、第III相臨床試験
に向け検討を進めていきます。
---------------------------------------
 
 Good News!
 
 
 アルツハイマー型認知症治療については
なかなか良好な結果が得られていない中で
この報告は良いニュースだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

『筋シナジー説』の神経基盤を解明-手指の多彩な運動を実現する神経メカニズムが明らかに-

2017年7月25日
国立研究開発法人
国立精神・神経医療研究センター(NCNP)
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国立研究開発法人 国立精神・神経医療
研究センター(NCNP)神経研究所
モデル動物開発研究部の武井智彦室長
(現カナダ・クィーンズ大学研究員)と
関和彦部長らの研究グループは、
霊長類の特徴である手指運動の多機能性を
支える神経メカニズムを発見しました。
 
 ヒトを含めた霊長類の手は大変複雑な
構造をしており27個の筋と18個の関節から
構成されます。
 
 私たちの脳神経はこの複雑な構造を
うまく制御し、ピアノ演奏や手話など
手の多彩な動きを可能にしています。
 
 しかしその制御のあり方はこれまで不明
でした。
 
 筋や関節の組み合わせパタンは膨大で、
次世代コンピューターの処理能力を
遥かに超えた計算を瞬時に行う必要が
あるからです。
 
 他方、ロボットハンドの開発をめざす
工学分野では「筋シナジー」と呼ばれる
考え方が提唱されてきました。
 
 つまり、多数の筋や関節の中から
「よく使われる」組み合わせと
その時必要な活動パタンを
あらかじめ複数作っておき(シナジー)、
実際にロボットを動かす際は
適切なシナジーを使うことによって、
コンピューターにかかる制御の負荷を
大幅に減らすことができる、
という考え方です。
 
 今回私たちはこの「筋シナジー」に
注目し、「霊長類の脳神経は、
筋シナジーの原理にもとづいて、
膨大な数の筋肉や関節を制御している」
という仮説を立てサルの脊髄から
神経活動の記録をとり検証しました。
 
 まず、筋電図の解析からサルの
手の運動は3種類の筋シナジーによって
作られていることが分かりました。
 
 次に、脊髄神経もこの3種類の筋の
組み合わせと活動パタンを表現している
ことが初めて明らかになりました。
 
 さらに驚くべきことに、筋の組み合わせ
と活動パタンはそれぞれ別のメカニズムで
作られることが判明しました。
 
 これは、シナジーの組み合わせと活動を
一体化して考える従来の仮説では
説明できない結果です。
 
 今回の研究成果は、脳による身体の制御
が筋シナジーに基づいて行われていること
を世界で初めて示したものであり、
脳の疾患による運動失調の理解や
そのリハビリテーション、
またロボットの制御技術の開発などが
大きく進展すると期待されます。
 
 本研究成果は、2017年7月24日午後3時
米国東部時間(日本時間2017年7月25日
午前4時)発行の米国科学雑誌
「Proceedings of the National Academy
  of Sciences of the United States of
  America (PNAS)」に掲載されました。
---------------------------------------
 
 「筋シナジー」ね~、
 
 
 
>本研究によって、運動制御に使われて
>いると考えられてきた「筋シナジー」の
>脳内表現の一端が初めて明らかに
>なりました。
 
>今後、この研究成果を土台として、
>様々な研究成果が生み出されると
>予想されます。
 
>また、工学等の分野では、
>筋シナジー仮説を改定し、
>さらに上記の基礎研究の結果を
>取り入れることによって、
>より複雑な動きができる
>ロボットの開発が可能になります。
 
 
>脳卒中のように、複数の関節を
>協調して動かすことができなくなる障害
>や疾患(運動失調など)は
>数多く存在します。
 
>本研究の結果は、このような運動失調が
>「筋シナジー」を作り出す神経系の異常
>によって引き起こされることを
>示しています。
 
>今後、患者さんの「筋シナジー」を
>計測し、それを診断や治療に用いる、
>全く新たな治療やリハビリテーション法
>の開発が始まることが期待されます。
 
 
 今回の研究から全く新たな治療や
リハビリテーション法の開発が始まる
ことを、心から期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

C型慢性肝炎治療薬リバビリンの新たな機能の発見とその分子機序を解明

2017.07.21
岡山大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
腫瘍ウイルス学分野の佐藤伸哉助教、
加藤宣之教授らの研究グループは、
C型慢性肝炎治療薬の一つである
リバビリンが脂質生合成を抑制するという
新しい機能を発見し、さらにその分子機序
について解明しました。
 
 本研究成果は7月13日、
米国の肝臓学専門オンライン誌
『Hepatology Communications』に
掲載されました。
 
 脂質生合成の亢進はC型肝炎ウイルス
(HCV)の複製を高めるばかりでなく、
C型慢性肝炎に伴う脂肪肝や肝がんの
発症リスクを高めることから、
リバビリンはこれらの病態発症を抑制する
予防薬になることが期待されます。
 
 
詳細については こちら
---------------------------------------
 
 今回の研究も既存の薬の新たな機能の
発見ですね。
 
 
 
>C型肝炎ウイルス(HCV)が排除された
>方からも一定の確率で肝がんが発症する
>という問題があります。
 
>脂質生合成に対する抑制機能を持つ
>リバビリンは、HCV 排除後の
>肝発がん予防、さらに最近増加傾向
>にある非ウイルス性の肝がん発症
>に対する予防薬として有用であると
>考えられます。
 
>リバビリンは C 型慢性肝炎の
>治療薬として現在も有用です。
 
>しかし、一方で貧血などの副作用を
>伴うことも分かっています。
 
>今回、リバビリンによる脂質生合成の
>抑制に関わる宿主因子が明らかになった
>ことから、そのような因子に作用する
>副作用の少ない肝発がん予防薬の開発
>など今後の展開が期待されます。
 
 
 リバビリンの活用はもちろんとして、
問題点はあるようですので、より副作用
の少ない肝発がん予防薬の開発など
今後の展開にも期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

神経変性疾患治療法開発への期待 ストレス応答系を「制御する」

2017 年 6 月 20 日
国立研究開発法人
国立長寿医療研究センター
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国立研究開発法人
国立長寿医療研究センター
(以下「国立長寿医療研究センター」
という。)
認知症先進医療開発センター
アルツハイマー病研究部の関谷倫子研究員
と飯島浩一発症機序解析研究室長らは,
国立遺伝学研究所及び首都大学東京との
共同研究で,EDEM (ER degradation
enhancing α-mannosidase-like protein)
というタンパク質の量を増加させて
異常なタンパク質の蓄積を防ぐことが,
認知症を始めとする老年性の神経変性疾患
の新たな治療戦略になる可能性を
見出した。
 
 生体を構成するタンパク質の
およそ 1/3 は,細胞中の小胞体という
袋状の器官で作られる。
 
 この小胞体内で,
上手く折りたたまれずに異常な形をとった
タンパク質が検出されると,
小胞体でのタンパク質の合成を
一時的に止め,異常なタンパク質を
速やかに分解することで,
小胞体に異常なタンパク質が溜まる
のを防ぐ小胞体ストレス応答と
呼ばれる仕組みが誘導される。
 
 本研究は,本来備わっている
防御機構であるストレス応答系を
制御することが,
神経変性疾患をはじめとする
老化関連疾患への治療法開発の
重要なターゲットになることを
示唆している。
 
 この成果は米国科学誌
「Developmental Cell」誌に,
平成 29 年 6 月 19 日付で掲載される。
---------------------------------------
 
 小胞体ストレス応答を上手く制御する
ことが大切なようです。
 
 
 
>本研究により,生体に対して副作用を
>伴う小胞体ストレス応答の活性化を
>通さず,EDEM の増加のみを生じさせる
>ことが,小胞体関連分解を誘導する
>ための一つの治療戦略になる可能性が
>示された。
 
>また本研究により,本来備わっている
>防御機構であるストレス応答系を
>制御することが,神経変性疾患を
>はじめとする老化関連疾患への
>治療法開発の重要なターゲット
>になることが示唆された。
 
 
 大切な研究だと思います。
 
 本研究は,長寿医療研究開発費
及び米国 NIH,米国 American Federation
for Aging Research 財団からの補助も
受けての研究ですね。
 米国はお金を出すべき所には出す
ということで、見習いたい。
 
 更なる研究に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が慢性疼痛に効く! 作用メカニズムを世界で初めて解明

2017.07.19
岡山大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岡山大学自然生命科学研究支援センター
の加藤百合特任助教、宮地孝明准教授と
大学院医歯薬学総合研究科、
松本歯科大学、
久留米大学、
東北大学、
九州大学、
東京農業大学、
味の素株式会社の共同研究グループは、
骨粗鬆症治療薬クロドロン酸が
分泌小胞内にATPを運ぶ輸送体(VNUT)を
阻害することで、
神経因性疼痛(とうつう)や炎症性疼痛、
さらには慢性炎症を改善できることを
世界で初めて突き止めました。
 
 本研究成果は7月18日米国時間:正午、
『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』
電子版に掲載されます。
 
 慢性疼痛の罹患者は世界の人口の
20-25%であると言われていますが、
副作用の少ない効果的な鎮痛薬は
開発されていません。
 
 本研究成果により、輸送体を標的とした
全く新しいタイプの鎮痛薬・抗炎症薬を
提案することができました。
 
 また、クロドロン酸は欧米では
既承認医薬品であるため、
ヒトでの安全性も実証されています。
 
 ドラッグリポジショニングにより、
開発期間の短縮・開発コストの軽減等が
可能になり、より早く研究成果が
社会還元できると期待されます。
 
 
詳しい研究内容については こちら
---------------------------------------
 
 既存の薬が他の疾患の治療に使える
例は意外に多いですね。
 
 
 
>本研究成果により、長年不明であった
>クロドロン酸の鎮痛効果の
>作用メカニズムを明らかにし、
>また、VNUT が慢性疼痛、慢性炎症の
>発症に重要な役割を担うことを
>明らかにしました。
 
>この治療効果は予想よりもはるかに
>大きいものであり、骨粗鬆症治療効果
>よりも低濃度で鎮痛・抗炎症効果を
>得ることができました。
 
 
 素晴らしいです。大いに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

細菌感染症の診断に応用可能な迅速なゲノム解析システムの開発に成功―細菌種の同定時間を大幅削減。ポータブル化により災害現場や感染症多発地域での活用にも期待―

2017年7月20日
東海大学
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東海大学 医学部基礎医学系 教授
今西 規〔いまにし ただし〕を
中心とする研究グループは、
ポータブル型のDNAシーケンサ「MinION」
(Oxford Nanopore Technology社製)に
応用可能なゲノム解析システムを開発し、
16S rRNA遺伝子をPCR増幅して
配列決定することにより、
細菌感染症試料に対する細菌の同定を
2時間以内で行うことが可能であることを
示しました 。
 
 従来から特定の細菌を検出するシステム
はありましたが、このほど開発に成功した
本システムは、ゲノム配列データベースに
登録されている8万以上の細菌種・系統を
特定できる能力を有している点が、
従来のシステムとの大きな違いと
言えます。
 
 本研究は、国立研究開発法人
日本医療研究開発機構(AMED)の
感染症研究国際展開戦略プログラム
(J-GRID)等の支援により行われました。
 
 なお、本研究成果は平成29年7月18日
(火)午前10時(イギリス時間)、
オンラインジャーナル『Scientific Reports』
(DOI:10.1038/s41598-017-05772-5)に
掲載されました。 
 
-----
本研究成果のポイント
 
・多くの医療機関では細菌感染症の
 原因菌判定には細菌培養法が使われて
 おり、結果が出るまでに1日から2日を
 要している
 
・東海大学では、ナノポア技術を使った
 新型のDNA塩基配列決定装置と
 独自開発のソフトウエア群により、
 ポータブル型のゲノム解析システムを
 作製した
 
・実際に感染症患者由来の試料を
 解析したところ、DNA抽出後から
 2時間以内に試料に含まれる細菌を
 同定できることを示した
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 細菌感染症は増加傾向で、原因となる
細菌の特定には時間がかかっているのが
現状です。
 
 
 
>現在、薬剤耐性菌の蔓延が世界的な問題
>になっています。
 
>本システムをさらに発展させ、
>プラスミド配列を含む全ゲノム配列を
>対象としたポータブルゲノム
>解析システムを開発することが
>できれば、細菌感染症の原因菌を
>正確に知ることが可能となり、
>適切な抗菌薬の選択や薬剤耐性菌の
>出現の抑制につながると考えられます。
 
>また、将来的に本システムが
>医療機関に普及していけば、
>正確かつ迅速な細菌感染症の診断に
>大きく貢献すると考えられます。
 
>さらに、本システムはポータブル型の
>DNAシーケンサ「MinION」および
>ラップトップ型PC2台だけで
>解析できることから、持ち運びが容易
>であり、大規模災害の現場など
>十分な検査設備のない地域や、
>感染症の多い熱帯地域での活躍にも
>期待が持たれます。
 
 
 良いと思います。
 大いに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

「 オートファジー細胞死の生体での役割 」― オートファジーの新たな役割 ―

平成29年6月13日
国立大学法人 東京医科歯科大学
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
・細胞死は、個体発生や生体の
 恒常性維持に必須の細胞機能です。
 
・細胞死にはアポトーシスと、
 アポトーシスによらない非アポトーシス
 細胞死があります。
 近年、非アポトーシス細胞死の重要性が
 注目されていますが、生体内で、
 いつ、どこで起きるか、というのは
 明らかになっていません。
 
・本研究では、非アポトーシス細胞死の
 一つであるオートファジー細胞死が、
 生体内でアポトーシスの代償機能を
 果たしていることを明らかにしました。
 
・オートファジー細胞死は、
 アポトーシス不全マウスの指の形成や
 脳の正常発生に必須の役割を果たして
 いることを発見しました。
 
 
-----
 東京医科歯科大学・難治疾患研究の
荒川講師、清水教授らの研究グループは、
大阪国際がんセンター・研究所の
辻本研究所長らの研究グループと共同で、
オートファジー細胞死の生体での役割を
つきとめました。
 
 この研究は文部科学省科学研究費補助金
などの支援のもとでおこなわれたもので、
その研究成果は、国際科学誌
Cell Death & Differentiation に、
オンライン版で発表されました。
---------------------------------------
 
 オートファジー重要です。
 
 
 
>今回の研究により、アポトーシスに
>異常のあるマウスでは、非アポトーシス
>細胞死のひとつである
>オートファジー細胞死が代替機能を発揮
>し、これにより個体発生が正常に進む
>ことが明らかとなりました。
 
>非アポトーシス細胞死の生体での役割を
>明確に示した初めての論文となります。
 
 
 オートファジー細胞死については、
まだ殆どわかっていないのですね。
 更なる研究に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

膵臓がん、早期発見可能な血液検査法を開発 米研究

2017年07月13日
AFP BBNews
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 膵臓(すいぞう)がんを初期段階で
正確に検出できる可能性のある
血液検査法を開発したとの研究論文が
12日、発表された。
 
 進行が早く致命的な疾患となることが
多いため、膵臓がんの発症リスクが高い
人々にとっては新たな希望をもたらす
検査法だという。
---------------------------------------
 
 膵臓がんの早期発見が出来そうです。
 
 
>論文の主執筆者で、
>ペンシルベニア大再生医療研究所
>(Institute for Regenerative
> Medicine)のケン・ザレット
>(Ken Zaret)所長は、
>血漿(けっしょう)中の
>「トロンボスポンジン2(THBS2)」
>として知られるバイオマーカーと、
>より後期の段階のバイオマーカー
>として知られる「CA19-9」を
>組み合わせて用いることで
>「あらゆる段階の膵臓がんを
>一貫して正確に特定できた」
>と述べた。
 
>研究チームの広報担当者は取材に応じた
>電子メールで、
>今回の検査法については、
>信頼できるカットオフ値を定めるための
>研究をさらに行う必要ががあるものの、
>原理的には今すぐにでも
>実際に適用できると述べている。
 
 
 素晴らしい。
 大いに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

【報ステ】Muse細胞『慢性腎臓病』に効果が

2017/07/12
テレ朝NWES
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画があります。
 
---------------------------------------
 ES細胞、iPS細胞に続く
“第三の万能細胞”として期待され、
注目が集まっている『Muse細胞』で、
慢性腎臓病を治療できる可能性がある
という研究成果が12日に発表された。
 
 Muse細胞を発見した東北大学の
出澤真理教授は「Muse細胞は腎臓病の
根本的な治療を提供できる。
負担のある人工透析や腎移植に代わる
画期的な治療になれると期待している」
と話す。
---------------------------------------
 
 人工透析や腎移植をせざるを得ない
人は多いです。
 
 腎臓病の根本的な治療を提供できる。
とすれば素晴らしいこと。
 
 Muse細胞の可能性に大いに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一三共 がん治療用ウイルス「G47Δ」 希少疾病用再生医療等製品の指定獲得

2017/07/12
ミクスonline
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 第一三共は7月11日、ウイルスを用いて
がん細胞を死滅させるという
新しいコンセプトの治療法に用いる
がん治療用ウイルス「G47Δ」
(ジーよんじゅうななデルタ、
 開発コード:DS-1647)が、
開発中の悪性神経膠腫を対象に、
厚労省から希少疾病用再生医療等製品に
指定されたと発表した。
 
 G47Δは東京大学医科学研究所の
藤堂具紀教授らにより創製されたもので、
第一三共は藤堂教授と共同開発している。
 
 G47Δの悪性神経膠腫を対象とした
開発は現在、日本でフェーズ2
(医師主導治験)が実施されている。
 
 今後の開発スケジュールは開示して
いない。
---------------------------------------
 
 やっと厚労省から希少疾病用再生医療等
製品に指定された。らしい
 
 期待していたものです。
 積極的に推進して欲しい。
 
 
 関連投稿です。
2015/8/25 dot.asahi
 
 2009年には安全性を確かめる
臨床研究をスタートさせた。
 
 と言っていたものです。
 ずいぶん時間がかかりますね。
 
 16年2月には、先駆け審査指定制度の
対象品目に指定されている。
 そうですから、これからが勝負ですね。
 
 
 大いに期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧