« 手の運動機能を持たない脳領域に人工神経接続システムを使って、新たに運動機能を付与することに成功 | トップページ

2019年12月 4日 (水)

世界初、100:1の減速比でも逆駆動可能なギヤを開発―ロボットの関節やEVの変速機などへの展開に期待―

世界初、100:1の減速比でも逆駆動可能なギヤを開発
―ロボットの関節やEVの変速機などへの展開に期待

2019年1月30日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
国立大学法人横浜国立大学

詳細は、リンクを参照して下さい。
 
------------------------------------------
概要
 
 NEDOと横浜国立大学は、減速機の構成要素を
最適化することで動力伝達効率を飛躍的に高め、
従来不可能であった100:1を超えるような
高い減速比の減速機でも、逆駆動が可能となる
ギヤ(バイラテラル・ドライブ・ギヤ)
を開発しました。
 
 これは、ロボットの関節が外力に対して
柔軟に動くことを可能とするだけでなく、
エネルギー回生の効率化を図るとともに、
モーター情報による負荷トルク推定を可能とし、
小型軽量化・低コスト化・省エネ化を
同時に実現できるため、今後、協働ロボット、
アシストロボット、移動ロボットなどの関節部材や、
電気自動車(EV)の変速機などへの
展開が期待できます。

 なお、横浜国立大学は、今回開発した
バイラテラル・ドライブ・ギヤについて、
2月6日から8日までパシフィコ横浜で開催される
「テクニカルショウ ヨコハマ2019」に
出展します。
------------------------------------------
 
 殆ど一年前のニュースになりますが、画期的
な開発だと思いますので載せることにしました。
 
>本機構は逆駆動に特徴があり、これは、ロボットの
>関節が外力に対して柔軟に動くことを可能とする
>だけでなく、逆駆動による制動時の熱を電気エネルギー
>として回収すること(エネルギー回生)を効率化するとともに、
>モーター情報による負荷トルクの推定を可能とし、
>小型軽量化・低コスト化・省エネ化を同時に実現できるため、
>今後、協働ロボット、アシストロボット、移動ロボットなどの
>関節部材や、電気自動車(EV)、電動自転車の変速機などへの
>展開が期待できます。
 
 と言っています。
 
 期待して役立つ製品が出て来ることを期待して
待ちたいと思います。

|

« 手の運動機能を持たない脳領域に人工神経接続システムを使って、新たに運動機能を付与することに成功 | トップページ

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手の運動機能を持たない脳領域に人工神経接続システムを使って、新たに運動機能を付与することに成功 | トップページ