« 世界の平均気温の上昇を1.5℃に抑えたときと2.0℃に抑えたときの影響を比較 ~パリ協定の目標達成で、洪水と渇水が続いて起こるリスクを大幅に低減~ | トップページ | バイオプラスチック原料を大量合成する技術を開発 ~環境調和型触媒反応プロセスによる,再生可能資源を活用したバイオ化学品製造技術~ »

2019年6月25日 (火)

「亀裂」と「光」で世界最小サイズの絵画の作製に成功 -インクを使わずに超高精細な印刷が可能に-

「亀裂」と「光」で世界最小サイズの絵画の作製に成功 -インクを使わずに超高精細な印刷が可能に-

「亀裂」と「光」で世界最小サイズの絵画の作製に成功
-インクを使わずに超高精細な印刷が可能に-

2019年06月20日
京都大学研究・産官学連携

詳細は、リンクを参照して下さい。
 
------------------------------------------
シバニア・イーサン 高等研究院物質–細胞統合
システム拠点(iCeMS=アイセムス)教授と
伊藤真陽 同特定助教らの研究グループは、
大きさ1mmという世界最小サイズの葛飾北斎
「神奈川沖浪裏」をインクを一切使わずに
フルカラーで作製することに成功しました。
 
 本研究グループは、
OM(Organized Microfibrillation
  :組織化したミクロフィブリレーション)
と呼ばれるクレージングを調整して
フィブリルを組織的に形成させ、
その形成したフィブリルで特定の色の光を
反射する素材を開発しました。
 
 そして、フィブリル層の周期を調整すること
によって、青から赤まで全ての可視光を
発色する事に成功しました。
 
 OM技術は、様々なフレキシブルで透明な
素材上に画像解像度数14000dpiまでの
大規模なカラー印刷をインク無しで行うことを
可能にしました。
 
 本研究成果は、インクを使用しない
カラー印刷技術の発展に繋がることが
期待されるとともに、紙幣の偽造防止など
様々な技術への応用が示唆されます。
------------------------------------------
 
 インクを使わずに超高精細な印刷が可能とは
すごいですね。
 
 インクを使用しないカラー印刷技術の発展に
繋がる。
 
 とのことで、技術はどんどん進歩します。
 
 今後の発展を期待したい。

 

|

« 世界の平均気温の上昇を1.5℃に抑えたときと2.0℃に抑えたときの影響を比較 ~パリ協定の目標達成で、洪水と渇水が続いて起こるリスクを大幅に低減~ | トップページ | バイオプラスチック原料を大量合成する技術を開発 ~環境調和型触媒反応プロセスによる,再生可能資源を活用したバイオ化学品製造技術~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界の平均気温の上昇を1.5℃に抑えたときと2.0℃に抑えたときの影響を比較 ~パリ協定の目標達成で、洪水と渇水が続いて起こるリスクを大幅に低減~ | トップページ | バイオプラスチック原料を大量合成する技術を開発 ~環境調和型触媒反応プロセスによる,再生可能資源を活用したバイオ化学品製造技術~ »