« レンチウイルスベクターの産生を飛躍的に増大させる方法を開発―遺伝子治療用ベクターへの応用に期待― | トップページ | Webマガジン「Kumadai Now」障がいのある子どもたちも、夢を叶えられる支援をしたい »

2019年3月13日 (水)

皆保険制度の国で在住外国人に健康格差の懸念 ~ 富裕層対象の医療政策導入で悪化の恐れ日本人医師グループが英医学誌で注意を促す ~

2019.03.01
東京大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
------------------------------------------
 グループは2月28日発行のランセット
(The Lancet)の論評(Correspondence)で
「外国人就労拡大政策を進めているにも
かかわらず、日本の在住外国人に対する医療は
他のOECD 諸国より大きく遅れている。
 
 富裕層の旅行者を前提とした医療サービスの
充実では在住外国人の健康問題が置き去り
にされ、公平なサービスで健康を守ってきた
日本の医療が損われる。」と警告しています。
------------------------------------------
 
 問題ですね!
 
 外国人就労拡大政策を進めるのならば、
この問題を無視して進めるのはいかがな物かと
思います。
 
 自分さえ良ければ良いと言う考えでは
成り行かない。
 
 日本には、世界に誇れる国になって欲しい。
 
 日本の政治が問われているのだと思います。

|

« レンチウイルスベクターの産生を飛躍的に増大させる方法を開発―遺伝子治療用ベクターへの応用に期待― | トップページ | Webマガジン「Kumadai Now」障がいのある子どもたちも、夢を叶えられる支援をしたい »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆保険制度の国で在住外国人に健康格差の懸念 ~ 富裕層対象の医療政策導入で悪化の恐れ日本人医師グループが英医学誌で注意を促す ~:

« レンチウイルスベクターの産生を飛躍的に増大させる方法を開発―遺伝子治療用ベクターへの応用に期待― | トップページ | Webマガジン「Kumadai Now」障がいのある子どもたちも、夢を叶えられる支援をしたい »