« 国内初の医師向けオンライン診療手引書が完成 -安全で質の高い遠隔医療の普及に向けて- | トップページ | 脳腫瘍に対するウイルス療法の医師主導治験で高い治療効果を確認―日本初のがん治療ウイルス薬の製造販売承認申請へ― »

2019年2月 8日 (金)

東北大学発ベンチャー「スピンセンシングファクトリー株式会社」設立~世界初の小型・軽量で超高感度な磁気センサーを開発、提供~高度医療診断からインフラの監視まで

平成30年11月30日
東北大学 大学院工学研究科
東北大学 大学院医学系研究科
スピンセンシングファクトリー株式会社
東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社
科学技術振興機構(JST)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
------------------------------------------
 東北大学 工学研究科の安藤 康夫 教授と
東北大学 医学系研究科の中里 信和 教授は、
世界で初めてトンネル磁気抵抗(TMR)素子の
作製に成功した東北大学 宮﨑 照宣 名誉教授と
共に、「スピンセンシングファクトリー株式会社」
(以下、SSF)を設立しました。
 
 そしてこの度、事業計画および将来性が評価され、
東北大学の100%出資子会社である
東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社
(THVP)の運営するファンドから150百万円
の出資を受け、本格始動します。
 
 これまで、同発起人らは、東北大学が創立以来
常に世界をリードしてきた磁石研究の技術を基に、
世界で初めて室温で動作するTMR素子を作製し、
これを用いた超高感度の磁気センサーを
開発しました。
 
 このセンサーは、高い感度を維持したまま
小型・軽量であることから、これまでは容易に
受診することができなかった高度医療診断が
「いつでも」「どこでも」受診できるように
なる革新的なセンサーです。
 
 応用範囲は医療にとどまらず、簡易的に
生体信号を測定するヘルスケア分野、
さまざまな機械の動作状態を監視する
機械産業分野、さらにはインフラの
故障解析を容易にかつ客観的に実施する
環境産業分野に至るまで、無限の可能性を
秘めています。
 
 SSFはセンサーによりもたらされる膨大な
情報を人工知能制御することで、
明るい未来社会に向けて貢献していきます。
 
 さらに、生産および製造を地元の中小企業と
連携を図りながら推し進めることで
東北大学が培ってきた技術を地元の産業界に
還元し、地域を元気で生き生きとした社会
とすることに貢献していきます。
------------------------------------------
 
 良いですね。
 
 最近ベンチャー企業が増えてきたようで
素晴らしいと思いますが、日本は、米国等
に比べてベンチャーが育ちにくい環境に
あるようで、ベンチャー企業が成長する為
には、多くの困難が待ち受けていると
思われます。
 
 負けずに頑張ってください。
 
 大いに期待して、社会にその成果を
還元できるよう祈っています。

|

« 国内初の医師向けオンライン診療手引書が完成 -安全で質の高い遠隔医療の普及に向けて- | トップページ | 脳腫瘍に対するウイルス療法の医師主導治験で高い治療効果を確認―日本初のがん治療ウイルス薬の製造販売承認申請へ― »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北大学発ベンチャー「スピンセンシングファクトリー株式会社」設立~世界初の小型・軽量で超高感度な磁気センサーを開発、提供~高度医療診断からインフラの監視まで:

« 国内初の医師向けオンライン診療手引書が完成 -安全で質の高い遠隔医療の普及に向けて- | トップページ | 脳腫瘍に対するウイルス療法の医師主導治験で高い治療効果を確認―日本初のがん治療ウイルス薬の製造販売承認申請へ― »