« ペンギンが高速に泳ぐ仕組みに倣った摩擦低減バブルコーティング | トップページ | 治療が困難とされてきた慢性期脊髄損傷治療に新たな光 -細胞移植単独治療で運動機能回復- »

2018年11月23日 (金)

ヒトiPS細胞からがん免疫療法の効果を高める再生キラーT細胞の作製に成功―ゲノム編集した患者さん由来iPS細胞・ヒトiPS細胞ストックともに成功―

平成30年11月16日
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
------------------------------------------
 ポイント
 
・ヒトT細胞から作製したiPS細胞(T-iPS細胞)
 から、ヒトの体内のキラーT細胞により近い
 再生キラーT細胞注1)を誘導する新たな条件
 を見出した。
 
・しかし、再生キラーT細胞を誘導する過程の
 (DP胸腺細胞注2))の段階において、
 余計なT細胞受容体(TCR)注3)の再構築が
 起こり、抗原注4)を特定する能力が
 低下することが明らかになった。
 
・そこで、T-iPS細胞において、遺伝子の機能
 をゲノム編集で無効にすると
 (遺伝子ノックアウト)、余計なTCRの
 再構築をすることもなく、安定的なTCRを
 備え、がん細胞に対して有効な攻撃をする
 キラーT細胞を作製することができた。
 
・一方で、T細胞に由来しないiPS細胞ストック注5)
 (HLAホモiPS細胞ストック)を用いる場合、
 抗原情報を備えたTCRを導入するのみで、
 抗原を特定できる再生キラーT細胞を
 作製することができた。
 
・TCRを安定化させて抗原を特定する能力は、
 副作用の回避にも有用であり、
 がん免疫療法への実用化が期待される。
------------------------------------------
 
 皆さん既にご存じだと思いますが、
 
  ヒトiPS細胞から再生キラーT細胞の
作製に成功したとのこと。
 
 iPS細胞由来T細胞を用いた
がん免疫療法の実用化に向けた
大きな一歩になりますね。
 
 がん免疫療法は副作用が少なく大いに
期待出来る方法です。
 
 早く実用化されると良いですね。
 
 今後の進展を大いに期待しています。

|

« ペンギンが高速に泳ぐ仕組みに倣った摩擦低減バブルコーティング | トップページ | 治療が困難とされてきた慢性期脊髄損傷治療に新たな光 -細胞移植単独治療で運動機能回復- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒトiPS細胞からがん免疫療法の効果を高める再生キラーT細胞の作製に成功―ゲノム編集した患者さん由来iPS細胞・ヒトiPS細胞ストックともに成功―:

« ペンギンが高速に泳ぐ仕組みに倣った摩擦低減バブルコーティング | トップページ | 治療が困難とされてきた慢性期脊髄損傷治療に新たな光 -細胞移植単独治療で運動機能回復- »