« 脳内で減少するmiR-132の補充が「ハンチントン病」に効果があることを発見~アルツハイマー病や統合失調症の治療開発にも期待~ | トップページ | 深層学習を用いた重要代謝物探索法-食品の産地判別や旬の美味しさを示す物質探索に期待- »

2018年7月 3日 (火)

「血液脳関門を通過してアンチセンス核酸を中枢神経系に送達する新技術の開発」― 認知症などの神経難病への治療応用に期待 ―

2018年 6月 19日
国立大学法人 東京医科歯科大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【ポイント】
 
・神経難病に対する新薬開発において
 最大の障壁となっている血液脳関門を
 通過して、代表的な分子標的薬である
 アンチセンス核酸を中枢神経に送達する
 新技術を開発しました。
 
・三つの脳血管内皮細胞の角が接する部位
 (三細胞間)の密着結合に作用する
 蛋白質断片「アンギュビンディン 1」を
 静脈注射したマウスでは、その後に
 静脈注射したアンチセンス核酸が
 脳や脊髄に到達し、標的 RNA の発現が
 抑制されました。
 
・認知症などの様々な神経難病の治療に
 応用されることが期待されます。
---------------------------------------
 
 神経難病の根本的な治療が現実になる
かも知れません。
 
>血液脳関門における
>三つの脳血管内皮細胞間の角が接する
>部位の密着結合を制御するという
>薬物送達の戦略は、世界初の報告です。
 だそうです。
 
 今後の研究の進展に大いに期待したい。

|

« 脳内で減少するmiR-132の補充が「ハンチントン病」に効果があることを発見~アルツハイマー病や統合失調症の治療開発にも期待~ | トップページ | 深層学習を用いた重要代謝物探索法-食品の産地判別や旬の美味しさを示す物質探索に期待- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/66896887

この記事へのトラックバック一覧です: 「血液脳関門を通過してアンチセンス核酸を中枢神経系に送達する新技術の開発」― 認知症などの神経難病への治療応用に期待 ―:

« 脳内で減少するmiR-132の補充が「ハンチントン病」に効果があることを発見~アルツハイマー病や統合失調症の治療開発にも期待~ | トップページ | 深層学習を用いた重要代謝物探索法-食品の産地判別や旬の美味しさを示す物質探索に期待- »