« 深層学習を用いた重要代謝物探索法-食品の産地判別や旬の美味しさを示す物質探索に期待- | トップページ | うつ病の初期治療における抗うつ剤の最適な使用方法が明らかに »

2018年7月19日 (木)

頻繁なインターネット習慣が小児の広汎な脳領域の発達や言語性知能に及ぼす悪影響を発見

 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
発表のポイント】
 
・小児の3年間の縦断追跡データを
 用いて、インターネット習慣が数年後の
 言語知能や脳の灰白質や白質の
 容積の変化とどう関連しているかを
 解析した。
 
・頻回のインターネットの習慣のある
 小児は言語知能が3年後に相対的に低下
 している傾向があった。
 
・頻回のインターネット習慣のある小児は
 広範な領域の脳の灰白質・白質の容積が
 相対的に減少していた。
 
・発達期の小児の頻回の
 インターネット習慣には一層の注意が
 必要であると示唆された。
---------------------------------------
 
 意外な結果です。
 
 早期のインターネット使用はプラスの
効果があるのだと思っていました。
 
 何がそういう結果を生んでいるのかの
解析が重要と思います。
 
 
 今後の研究に期待しています。
 
 もっとも評価は難しいと思います。
 
 バイリンガル環境が人の成長に良いのか
そうでないのかすら、色々な専門家が
違う事を言うので、良いのか、
そうでないのかすらはっきりしない。

|

« 深層学習を用いた重要代謝物探索法-食品の産地判別や旬の美味しさを示す物質探索に期待- | トップページ | うつ病の初期治療における抗うつ剤の最適な使用方法が明らかに »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/66957032

この記事へのトラックバック一覧です: 頻繁なインターネット習慣が小児の広汎な脳領域の発達や言語性知能に及ぼす悪影響を発見:

« 深層学習を用いた重要代謝物探索法-食品の産地判別や旬の美味しさを示す物質探索に期待- | トップページ | うつ病の初期治療における抗うつ剤の最適な使用方法が明らかに »