« 「血液脳関門を通過してアンチセンス核酸を中枢神経系に送達する新技術の開発」― 認知症などの神経難病への治療応用に期待 ― | トップページ | 頻繁なインターネット習慣が小児の広汎な脳領域の発達や言語性知能に及ぼす悪影響を発見 »

2018年7月 8日 (日)

深層学習を用いた重要代謝物探索法-食品の産地判別や旬の美味しさを示す物質探索に期待-

2018年1月24日
理化学研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 理化学研究所(理研)環境資源科学
研究センター環境代謝分析研究チームの
菊地淳チームリーダーと伊達康博研究員の
研究チームは、深層学習(DL)[1]に
着目してメタボロミクス[2]研究に
最適化した「DLアルゴリズム」を
開発しました。
 
 実際に、魚類の核磁気共鳴(NMR)
[3]データを解析し高精度な産地判別が
可能なことを示し、この判別に寄与する
重要代謝物探索法も確立しました。
---------------------------------------
 
 面白そうですね。
 
 
>実際に研究チームは、2017年に理研と
>包括協定を締結した水産研究・教育機構
>と共同で高級魚スジアラなどの
>養殖技術高度化注4)に着手しており、
>当該分野の産業競争力向上への貢献が
>期待できます。
 
>将来的には、天然魚の優れた特性を
>養殖魚に反映させたり、
>解析結果を環境持続性の評価指針と
>するといった展開も期待できます。
 
 興味深い展開が出来そうです。
 
 大いに期待して待ちたいと思います。

|

« 「血液脳関門を通過してアンチセンス核酸を中枢神経系に送達する新技術の開発」― 認知症などの神経難病への治療応用に期待 ― | トップページ | 頻繁なインターネット習慣が小児の広汎な脳領域の発達や言語性知能に及ぼす悪影響を発見 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/66916609

この記事へのトラックバック一覧です: 深層学習を用いた重要代謝物探索法-食品の産地判別や旬の美味しさを示す物質探索に期待-:

« 「血液脳関門を通過してアンチセンス核酸を中枢神経系に送達する新技術の開発」― 認知症などの神経難病への治療応用に期待 ― | トップページ | 頻繁なインターネット習慣が小児の広汎な脳領域の発達や言語性知能に及ぼす悪影響を発見 »