« アメリカでの大気汚染物質排出量の削減率は予想外に近年大幅に低下 | トップページ | 肝がんの新規分子標的薬の有効性・安全性を実証 肝がん治療薬10年ぶりの承認へ道筋 »

2018年6月19日 (火)

プロアントシアニジンによる腸内フローラの改善作用

2018年 6月 15日
国立大学法人 東北大学大学院歯学研究科
国立大学法人 東京医科歯科大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【発表のポイント】
 
・閉経後の女性は、女性ホルモン低下
 により、メタボ化しやすい。
 
・閉経女性のモデル動物では腸内細菌叢の
 変化を介した、肥満や血糖調節機能の
 低下がみられた。
 
・ポリフェノールの一種である
 プロアントシアニジンを豊富に含む
 ブドウ種子エキスは、女性ホルモン欠乏
 による腸内フローラの変化を抑え
 メタボ化を予防した。
---------------------------------------
 
 腸内フローラの改善に関す研究報告
増えて来ました。
 
 Good Newsだと思います。
 腸内フローラの改善は、医薬品の弱点を
補ってくれるものだと思っています。
 
 更なる研究の進展に期待しています。

|

« アメリカでの大気汚染物質排出量の削減率は予想外に近年大幅に低下 | トップページ | 肝がんの新規分子標的薬の有効性・安全性を実証 肝がん治療薬10年ぶりの承認へ道筋 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/66847115

この記事へのトラックバック一覧です: プロアントシアニジンによる腸内フローラの改善作用:

« アメリカでの大気汚染物質排出量の削減率は予想外に近年大幅に低下 | トップページ | 肝がんの新規分子標的薬の有効性・安全性を実証 肝がん治療薬10年ぶりの承認へ道筋 »