« プロアントシアニジンによる腸内フローラの改善作用 | トップページ | 脳内で減少するmiR-132の補充が「ハンチントン病」に効果があることを発見~アルツハイマー病や統合失調症の治療開発にも期待~ »

2018年6月26日 (火)

肝がんの新規分子標的薬の有効性・安全性を実証 肝がん治療薬10年ぶりの承認へ道筋

2018年02月10日
学校法人近畿大学ニュースリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
【本件のポイント】
 
●肝がんに対する有効な一次治療薬は
 1種類のみであったが、新規薬剤の
 有効性を証明
 
●肝がんの一次治療薬としては10年ぶり
 に成功した国際多施設共同臨床試験
 
●「レンバチニブ」が承認されれば、
 切除不能の肝細胞がん患者にとって
 大きな朗報
---------------------------------------
 
 素晴らしい!
 
>肝がんの一次治療薬としては
>10年ぶりに成功した
>国際多施設共同臨床試験
 だそうです。
 
 肝がん患者にとって新しい選択肢が
増えそうですね。
 
 
 大いに期待したい。

|

« プロアントシアニジンによる腸内フローラの改善作用 | トップページ | 脳内で減少するmiR-132の補充が「ハンチントン病」に効果があることを発見~アルツハイマー病や統合失調症の治療開発にも期待~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/66872088

この記事へのトラックバック一覧です: 肝がんの新規分子標的薬の有効性・安全性を実証 肝がん治療薬10年ぶりの承認へ道筋:

« プロアントシアニジンによる腸内フローラの改善作用 | トップページ | 脳内で減少するmiR-132の補充が「ハンチントン病」に効果があることを発見~アルツハイマー病や統合失調症の治療開発にも期待~ »