« からだの死細胞を取り除く仕組みの解明 | トップページ | 「医療用麻薬の痛み止め効果を高める方法」に関する研究成果が、科学雑誌『Nature Neuroscience』のウェブ版で公開発表されました »

2018年5月 3日 (木)

眼内悪性リンパ腫の脳への再発を著明に抑制する新しい治療法

2017/11/15
東京大学医学部附属病院
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京大学医学部附属病院の
蕪城俊克准教授、田岡和城助教、
山下英臣講師らの研究グループは、
眼内に発生する難病である
悪性リンパ腫が脳に高率に転移(播種)
するのを強力に抑制する新しい治療法を
見出しました。
 
 今後この治療法は、眼内悪性リンパ腫の
新しい治療基準となり、この病気の予後を
大きく改善することが期待されます。
---------------------------------------
 
 蕪城准教授は、
>「本研究を契機に、この病気の治療が
>大きく進展することを期待したい」
 と言っています。
 
 大いに期待したいですね。

|

« からだの死細胞を取り除く仕組みの解明 | トップページ | 「医療用麻薬の痛み止め効果を高める方法」に関する研究成果が、科学雑誌『Nature Neuroscience』のウェブ版で公開発表されました »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/66679042

この記事へのトラックバック一覧です: 眼内悪性リンパ腫の脳への再発を著明に抑制する新しい治療法:

« からだの死細胞を取り除く仕組みの解明 | トップページ | 「医療用麻薬の痛み止め効果を高める方法」に関する研究成果が、科学雑誌『Nature Neuroscience』のウェブ版で公開発表されました »