« AIとシミュレーションを融合しまれな不具合を効率的に発見する技術を開発 | トップページ | 大型発電用、高出力・高熱効率・低NOx水素エンジンの燃焼技術を開発 »

2018年5月17日 (木)

がんウイルス療法について

がんウイルス療法について
2018/5/17
 
 今日の「羽鳥慎一モーニングショー」
の「そもそも総研」のコーナーで
ウイルス療法の話しがありました。
 
 私はずっと前からウイルス療法の
将来性に惚れ込み注視してきました。
 
 今日は主に名古屋大学で進められて
いる研究の話しでしたが、
かなり臨床に近づいて来ているようで
心強く感じました。
 
 臨床までには、本当に時間がかかる。
 
 
 そもそもは、この記事でした。
2009年8月11日
 
 
 適用疾患も、メラノーマとか
膵臓がんにも、広がって来ています。
ウイルス療法のみならず、
「CAR-T」療法も一緒に使って更に
効果を上げようとしているようです。
光免疫療法も出て来ています。
 
 日程的にはメラノーマは今年中に
承認を、すい臓がんはその後の
承認を目指しているとのことです。
 
 心強いです。
 
 更なる進展に大いに期待したい。
 
 予定通りに進行すると良いですね。

|

« AIとシミュレーションを融合しまれな不具合を効率的に発見する技術を開発 | トップページ | 大型発電用、高出力・高熱効率・低NOx水素エンジンの燃焼技術を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/66729167

この記事へのトラックバック一覧です: がんウイルス療法について:

« AIとシミュレーションを融合しまれな不具合を効率的に発見する技術を開発 | トップページ | 大型発電用、高出力・高熱効率・低NOx水素エンジンの燃焼技術を開発 »