« ネコ用人工血液を開発=動物医療に貢献、市場は世界規模= | トップページ | 脊髄損傷に対する神経幹細胞移植の治療効果を増強させる治療法の発見! ~脊髄損傷の新たな治療法開発に期待~ »

2018年4月 3日 (火)

世界最高水準の高速負荷応答性を備えた30MW級高効率ガスタービンを開発

2018年3月22日
国立研究開発法人
新エネルギー・産業技術総合開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NEDO事業において、川崎重工業(株)
は、高速負荷応答性を備えた30MW級
高効率ガスタービンを開発しました。
 
 開発したガスタービンは、同クラスの
ガスタービンとしては世界最高水準の
負荷応答性と発電効率を有しており、
不安定な再生可能エネルギーと連系
させることで、再生可能エネルギーの
有効活用と、CO2排出量削減など
環境負荷低減を実現します。
---------------------------------------
 
 不安定な再生可能エネルギーのみでは
普及させることが難しい部分があるので、
このような発電プラントと組み合わせる
ことで再生可能エネルギーの普及を進める
ことが出来るかもしれません。
 
 是非、不安定な再生可能エネルギーとの
連系を進めて、化石燃料使用量および
CO2発生量の大幅な低減を進めて貰いたい
と思います。
 
 今後の展開に期待したい。

|

« ネコ用人工血液を開発=動物医療に貢献、市場は世界規模= | トップページ | 脊髄損傷に対する神経幹細胞移植の治療効果を増強させる治療法の発見! ~脊髄損傷の新たな治療法開発に期待~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/66570688

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最高水準の高速負荷応答性を備えた30MW級高効率ガスタービンを開発:

« ネコ用人工血液を開発=動物医療に貢献、市場は世界規模= | トップページ | 脊髄損傷に対する神経幹細胞移植の治療効果を増強させる治療法の発見! ~脊髄損傷の新たな治療法開発に期待~ »