« 世界最小電力で動作するBLE無線機を開発 | トップページ | 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に »

2018年2月19日 (月)

圧電素子を超える振動発電機能をもつクラッド鋼板を開発 身のまわりの振動から自動車やインフラの振動まで電気に変換 東北大学・東北特殊鋼 共同開発

2018年2月13日
東北大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東北大学大学院工学研究科材料システム
工学専攻 成田史生教授と
東北特殊鋼株式会社(山口桂一郎社長)
は、大きな逆磁歪効果を示し、
振動発電機能を有するクラッド鋼板を
共同開発しました。
 
 FeCo磁歪材料単独の場合よりも
数倍から20倍以上の振動発電出力が
得られ、電磁力学場の
数値シミュレーションにより
増幅機構解明にも成功しました。
 
 
詳細は こちら
---------------------------------------
 
 従来の圧電素子と違って鋼板ですので、
大型のエネルギーハーベスティングへの
応用が可能で適用範囲が広がりそうです。
 
 
 
 今後の発展に大いに期待したい。

|

« 世界最小電力で動作するBLE無線機を開発 | トップページ | 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/66411002

この記事へのトラックバック一覧です: 圧電素子を超える振動発電機能をもつクラッド鋼板を開発 身のまわりの振動から自動車やインフラの振動まで電気に変換 東北大学・東北特殊鋼 共同開発:

« 世界最小電力で動作するBLE無線機を開発 | トップページ | 人工呼吸器の中止はモルヒネによる緩和ケア後に »