« がんの遺伝子を解析する新しい数理解析法を開発 | トップページ | 慢性透析患者の生存期間を改善する新規透析法 -「電解水」を用いた血液透析が患者の死亡数と心血管病の発症を抑制‐ »

2018年1月26日 (金)

貴金属を使わない高性能アンモニア合成触媒を開発~新しい窒素分子の活性化機構を示唆~

平成30年1月23日
科学技術振興機構(JST)
東京工業大学
高エネルギー加速器研究機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 今回、ルテニウムなどの貴金属の
担持注1)を必要としない高活性触媒を
開発しました。
 
 電子が陰イオン(アニオン)として働く
“電子化物(エレクトライド)”注2)の
コンセプトを拡張することで
新触媒を検討し、ランタンLaと
コバルトCoの金属間化合物注3)
LaCoSiが貴金属を用いずに
高い活性を示すことを見いだしました。
---------------------------------------
 
 「貴金属を使わない
高性能アンモニア合成触媒」
 良さそうですね。
 
 
 
>本研究で用いた触媒は比表面積が小さい
>ので、さらなる高活性化を目指すには
>ナノ粒子化による比表面積増加が
>最もストレートなアプローチに
>なります。
 と言っています。
 
 まだ実用化までには時間がかかり
そうです。
 
 
 期待して待ちましょう。
 低価格でのアンモニア合成には
大きな意味がありますので、

|

« がんの遺伝子を解析する新しい数理解析法を開発 | トップページ | 慢性透析患者の生存期間を改善する新規透析法 -「電解水」を用いた血液透析が患者の死亡数と心血管病の発症を抑制‐ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貴金属を使わない高性能アンモニア合成触媒を開発~新しい窒素分子の活性化機構を示唆~:

« がんの遺伝子を解析する新しい数理解析法を開発 | トップページ | 慢性透析患者の生存期間を改善する新規透析法 -「電解水」を用いた血液透析が患者の死亡数と心血管病の発症を抑制‐ »