« ウミガメの99%がメスに! 豪で深刻、海水温の上昇 | トップページ | がんの遺伝子を解析する新しい数理解析法を開発 »

2018年1月22日 (月)

10分ごとに更新する気象予測-「京」と気象衛星ひまわり8号による天気予報の革新-

2018年1月18日
理化学研究所
気象庁気象研究所
科学技術振興機構
海洋研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 今回、理研を中心とした
共同研究グループは、ひまわり8号の
10分ごとの赤外放射輝度データを、
雲域も含めたあらゆる天候で
数値天気予報に直接利用することに
成功しました。
 
 赤外放射輝度観測のデータ同化により、
2015年最強の台風第13号の詳細な構造を
再現し(図参照)、急発達の予測が
大幅に改善したほか、
2015年9月関東・東北豪雨では
そのときの鬼怒川の流量の予測が改善し、
開発した手法の有効性を実証しました。
 
 ひまわり8号の10分ごとのビッグデータ
を生かすことで、これまで1時間ごとに
更新されていた天気予報が、
10分ごとに更新できるようになります。
-----
 
報道発表資料は こちら
---------------------------------------
 
 10分ごとに更新できるとは、素晴らしい
ですね。
 
 大切なのは、その後の対処の仕方ですが、
今後の課題としておきましょう。
 
 
 
>本成果は今後、豪雨や洪水のリスクを
>一刻も早く捉え、
>天気予報に革新をもたらすと
>期待できます。
 そうですね。
 
 
 大いに期待したい。

|

« ウミガメの99%がメスに! 豪で深刻、海水温の上昇 | トップページ | がんの遺伝子を解析する新しい数理解析法を開発 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10分ごとに更新する気象予測-「京」と気象衛星ひまわり8号による天気予報の革新-:

« ウミガメの99%がメスに! 豪で深刻、海水温の上昇 | トップページ | がんの遺伝子を解析する新しい数理解析法を開発 »