« 「尿を作る」腎臓再生に成功、世界初 iPS細胞使い | トップページ | 雷が反物質の雲をつくる -雷の原子核反応を陽電子と中性子で解明- »

2017年11月26日 (日)

iPS細胞 300疾患で作製 指定難病の半数カバー

2017年11月26
毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 
>指定難病の半数カバー
 だそうです。
 
 かなり進んだ印象ですが、
もう10年が経ったのですね。
 
 この細胞を使って開発した薬の効果
とか、いろいろ調べることが出来ます。
 
 早く、実際に効果のある薬とか、
治療法が開発されると良いですね。
 
 
 期待出来そうなのは、遺伝子治療
あるいは、アンチセンス医薬品では
ないかと思っています。
 
 研究者は頑張っているのだと
思いますが、
 
 待つしかないのが、もどかしい!!!
 
 大いに期待しています。

|

« 「尿を作る」腎臓再生に成功、世界初 iPS細胞使い | トップページ | 雷が反物質の雲をつくる -雷の原子核反応を陽電子と中性子で解明- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞 300疾患で作製 指定難病の半数カバー:

« 「尿を作る」腎臓再生に成功、世界初 iPS細胞使い | トップページ | 雷が反物質の雲をつくる -雷の原子核反応を陽電子と中性子で解明- »