« iPS細胞 300疾患で作製 指定難病の半数カバー | トップページ | アルツハイマー病治療薬候補の中に広範囲な感染症に効く薬がある! »

2017年11月28日 (火)

雷が反物質の雲をつくる -雷の原子核反応を陽電子と中性子で解明-

2017年11月24日
京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 榎戸輝揚 白眉センター特定准教授、
和田有希 東京大学博士課程学生、
古田禄大 同博士課程学生、
中澤知洋 同講師、湯浅孝行 博士、
土屋晴文 日本原子力研究開発機構
研究副主幹、佐藤光輝 北海道大学講師
らの研究グループは、雷が大気中で
原子核反応 (光核反応) を起こすことを
突き止めました。
 
 本研究成果は、2017年11月23日午前3時
に英国の学術誌「Nature」 に
掲載されました。
 
 詳しい研究内容については こちら
---------------------------------------
 
 「反物質」って遠い存在だと思って
いたのですが、身近な所に存在して
いたのですね。
 
 
>本研究グループは、地上に放射線検出器
>を設置し、2017年2月6日に新潟県柏崎市
>で発生した雷から、強烈なガンマ線の
>バースト放射(ショートバースト)を
>検出しました。
 
>さらに35秒ほど遅れて、雷を起こした雲
>が検出器の上空を通過する際に、
>陽電子(電子の反物質)からの
>0.511MeV
>(イオンや素粒子のエネルギーの単位)
>対消滅ガンマ線の検出に成功しました。
 
>これらは、雷に伴うガンマ線が
>大気中の窒素と光核反応を起こした
>結果生じる、「中性子」と
>「窒素の放射性同位体が放出した
>陽電子」が起源と考えられ、
>理論的に予言されていた
>「雷による光核反応」の明確な証拠が
>得られました。
 
 すごいことだと思います。
 
>「雷雲や雷の高エネルギー大気物理学」
>という新しい分野を切り拓いていきたい
 とのこと。
 
 そうなると面白いし、
学術系クラウドファンディングにも
支えられたそうで、新しい時代に
入って来たのだと思います。
 
 頑張ってください。

|

« iPS細胞 300疾患で作製 指定難病の半数カバー | トップページ | アルツハイマー病治療薬候補の中に広範囲な感染症に効く薬がある! »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雷が反物質の雲をつくる -雷の原子核反応を陽電子と中性子で解明-:

« iPS細胞 300疾患で作製 指定難病の半数カバー | トップページ | アルツハイマー病治療薬候補の中に広範囲な感染症に効く薬がある! »