« 世界初!可視光・近赤外光照射により、 水から水素を高効率で生成する完全金属フリー光触媒を開発 | トップページ | iPS細胞 300疾患で作製 指定難病の半数カバー »

2017年11月24日 (金)

「尿を作る」腎臓再生に成功、世界初 iPS細胞使い

2017年11月24日
@niftyニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 動画があります。
 ソースは東京慈恵会医科大学ですね。
 
 まだラット段階ですが、
>尿を表に出せば、腎不全の
>新たな治療法としての腎臓再生
>ということが完遂できる。
 と言っています。
 
 透析を行っている患者が
およそ33万人いるということです、
 
 今後の研究の進展に大いに期待したい。
 
関連研究リリースです。
平成29年11月23日
東京慈恵会医科大学
バイオス株式会社
日本医療研究開発機構

|

« 世界初!可視光・近赤外光照射により、 水から水素を高効率で生成する完全金属フリー光触媒を開発 | トップページ | iPS細胞 300疾患で作製 指定難病の半数カバー »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「尿を作る」腎臓再生に成功、世界初 iPS細胞使い:

« 世界初!可視光・近赤外光照射により、 水から水素を高効率で生成する完全金属フリー光触媒を開発 | トップページ | iPS細胞 300疾患で作製 指定難病の半数カバー »