« オプラ・ウィンフリー製作総指揮・主演!エミー賞作品賞ノミネート!『不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生』BS10 スターチャンネルにて、 11月11日(土)<独占日本初放送> | トップページ | 世界初「ミツバチのダンス」から蜜源への距離を読み取る脳機構に関する新発見が『J.Neurosci』に掲載 »

2017年11月15日 (水)

神経障害性疼痛や線維筋痛症の治療薬候補化合物の開発 -モルヒネ鎮痛効果の障害も解除-

2017.09.15
横浜市立大学研究推進センターYCU
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 横浜市立大学大学院生命医科学研究科
栗田順一特任助教、平尾優佳特任助手、
西村善文学長補佐と、
長崎大学医歯薬総合研究科 植田弘師教授
は、㈱PRISM BioLab の小路弘行博士ら
との共同研究で、神経障害性疼痛や
線維筋痛症を治癒させる候補化合物を
開発しました。
 
 開発に当たっては、NMR という
特殊な分光器を用いて、
神経障害性疼痛に関与している
タンパク質の機能に必要な構造を解析し、
その一部を模倣した化合物を設計して
合成しました。
 
 この化合物は確かにタンパク質の
機能の一部を模倣している事が
NMR で確認でき、
その化合物を神経障害性疼痛の
モデルマウスと線維筋痛症の
モデルマウスに投与すると、
障害の改善効果が明らかに
認められました。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 神経障害性疼痛や線維筋痛症に対しては
有効な治療法が無いのが現状です。
 
 一歩前進です。
 
 
>今回開発した化合物を発展させ、
>実際にヒトの神経障害性疼痛や
>線維筋痛症の治療薬の開発を
>行いたいと考えています。
 
 是非開発して頂きたい。
 
 大いに期待しています。

|

« オプラ・ウィンフリー製作総指揮・主演!エミー賞作品賞ノミネート!『不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生』BS10 スターチャンネルにて、 11月11日(土)<独占日本初放送> | トップページ | 世界初「ミツバチのダンス」から蜜源への距離を読み取る脳機構に関する新発見が『J.Neurosci』に掲載 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神経障害性疼痛や線維筋痛症の治療薬候補化合物の開発 -モルヒネ鎮痛効果の障害も解除-:

« オプラ・ウィンフリー製作総指揮・主演!エミー賞作品賞ノミネート!『不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生』BS10 スターチャンネルにて、 11月11日(土)<独占日本初放送> | トップページ | 世界初「ミツバチのダンス」から蜜源への距離を読み取る脳機構に関する新発見が『J.Neurosci』に掲載 »