« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

アルツハイマー病治療薬候補の中に広範囲な感染症に効く薬がある!

2017年11月28日
大阪大学研究情報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・アルツハイマー病治療薬として
 開発されたガンマセクレターゼ阻害薬
 ※1の1部に、C型肝炎ウイルス(HCV※2)
 の増殖に必須なシグナルペプチド
 ペプチダーゼ(SPP※3)を抑える活性が
 あることを発見しました。
 
・SPP阻害剤は全ての遺伝子型のHCVに
 効果があり、現行のDAA※4と呼ばれる
 抗HCV薬と比べ、薬剤耐性ウイルスが
 出現しない長所があります。
 また、SPP阻害剤は、HCVだけではなく、
 マラリアやトキソプラズマなどの
 原虫感染症にも効果があることを
 発見しました。
 
・ガンマセクレターゼ阻害薬と
 SPPの相互作用を三次元立体構造予測
 に基づいて明らかにしたことで、
 より強くウイルスを抑制できる化合物
 の開発を可能にしました。
---------------------------------------
 
 意外に既存薬には、その開発目的以外
にも効果があるケースが存在しますね。
 
 今回は複数の効果が認められ、且つ
三次元立体構造予測も使ってさらに良い
薬の開発にまで応用出来そうで、
素晴らしいと思います。
 
 
>マラリアやトキソプラズマ由来のSPPも
>切断することから、SPP標的とした
>創薬開発は、C型肝炎だけでなく、
>抗原虫薬としても期待されます。
 と言っています。
 
 
 今後の展開に大いに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

雷が反物質の雲をつくる -雷の原子核反応を陽電子と中性子で解明-

2017年11月24日
京都大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 榎戸輝揚 白眉センター特定准教授、
和田有希 東京大学博士課程学生、
古田禄大 同博士課程学生、
中澤知洋 同講師、湯浅孝行 博士、
土屋晴文 日本原子力研究開発機構
研究副主幹、佐藤光輝 北海道大学講師
らの研究グループは、雷が大気中で
原子核反応 (光核反応) を起こすことを
突き止めました。
 
 本研究成果は、2017年11月23日午前3時
に英国の学術誌「Nature」 に
掲載されました。
 
 詳しい研究内容については こちら
---------------------------------------
 
 「反物質」って遠い存在だと思って
いたのですが、身近な所に存在して
いたのですね。
 
 
>本研究グループは、地上に放射線検出器
>を設置し、2017年2月6日に新潟県柏崎市
>で発生した雷から、強烈なガンマ線の
>バースト放射(ショートバースト)を
>検出しました。
 
>さらに35秒ほど遅れて、雷を起こした雲
>が検出器の上空を通過する際に、
>陽電子(電子の反物質)からの
>0.511MeV
>(イオンや素粒子のエネルギーの単位)
>対消滅ガンマ線の検出に成功しました。
 
>これらは、雷に伴うガンマ線が
>大気中の窒素と光核反応を起こした
>結果生じる、「中性子」と
>「窒素の放射性同位体が放出した
>陽電子」が起源と考えられ、
>理論的に予言されていた
>「雷による光核反応」の明確な証拠が
>得られました。
 
 すごいことだと思います。
 
>「雷雲や雷の高エネルギー大気物理学」
>という新しい分野を切り拓いていきたい
 とのこと。
 
 そうなると面白いし、
学術系クラウドファンディングにも
支えられたそうで、新しい時代に
入って来たのだと思います。
 
 頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

iPS細胞 300疾患で作製 指定難病の半数カバー

2017年11月26
毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 
>指定難病の半数カバー
 だそうです。
 
 かなり進んだ印象ですが、
もう10年が経ったのですね。
 
 この細胞を使って開発した薬の効果
とか、いろいろ調べることが出来ます。
 
 早く、実際に効果のある薬とか、
治療法が開発されると良いですね。
 
 
 期待出来そうなのは、遺伝子治療
あるいは、アンチセンス医薬品では
ないかと思っています。
 
 研究者は頑張っているのだと
思いますが、
 
 待つしかないのが、もどかしい!!!
 
 大いに期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

「尿を作る」腎臓再生に成功、世界初 iPS細胞使い

2017年11月24日
@niftyニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 動画があります。
 ソースは東京慈恵会医科大学ですね。
 
 まだラット段階ですが、
>尿を表に出せば、腎不全の
>新たな治療法としての腎臓再生
>ということが完遂できる。
 と言っています。
 
 透析を行っている患者が
およそ33万人いるということです、
 
 今後の研究の進展に大いに期待したい。
 
関連研究リリースです。
平成29年11月23日
東京慈恵会医科大学
バイオス株式会社
日本医療研究開発機構

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

世界初!可視光・近赤外光照射により、 水から水素を高効率で生成する完全金属フリー光触媒を開発

2017年9月26日
大阪大学研究情報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・黒リンとグラファイト状窒化炭素
 (g-C3N4)の二つの材料からなる
 複合体を合成し、この複合体は、
 環境に好ましい、完全金属フリーの
 光触媒となることを発見。
 
・これまで可視光・近赤外光を利用して、
 水から水素を高効率生成できる
 光触媒はなかったが、黒リンと
 g-C3N4の二成分からなる複合体は、
 太陽光広帯域応答型光触媒となり、
 水から水素の高効率生成に成功。
 
・水素社会において根幹となる、
 太陽光による水素製造の実現へと
 つながる。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 水素社会実現するかも?
 
 
>本研究成果により、次世代エネルギー
>として検討されている、
>水素を基本とするエネルギー社会
>(水素社会)において、
>その根幹となる、太陽光による
>水素製造の実現へつながること、
>同時に環境問題の解決にも
>大きく貢献することが期待されます。
 
>水素を再生可能な自然エネルギー
>である太陽光と地球上に豊富に存在する
>水から効率的に製造できれば、
>現在の化石燃料社会から
>水素をエネルギー源とする
>水素社会への移行が現実のものと
>なります。
 
 どの位水素社会の実現に近づいた
のかな?
 
 
 今後の研究に注目して行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

世界初「ミツバチのダンス」から蜜源への距離を読み取る脳機構に関する新発見が『J.Neurosci』に掲載

2017年11月15日
福岡大学研究ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 福岡大学理学部地球圏科学科の
藍浩之助教(専門:神経行動学)が、
池野英利教授
(兵庫県立大学環境人間学部)および
Dr.Thomas Wachtler
(Ludwig-maximilian Univ, Munchen)の
グループと共同で、
ミツバチの尻振りダンスに暗号化された
距離を検出する神経回路を発見し、
2017年10月9日付の
『Journal of Neuroscience』に
掲載されました
(表紙も藍助教の研究によるもの)。
---------------------------------------
 
 ダンスで生じる特徴的な音から
距離を検出する脳神経回路を発見した
そうです。
 
 
 人間は人間単独では生きられません。
 生物多様性の中にあって共生出来る
道を探って行かなければいけないはず
です。
 
 その意味で、このような研究の必要性
があるのだと思います。
 
 ミツバチの住む自然豊かな環境を
どのように維持するかを考えることが
益々求められているはずです。
 
 今後の進展に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

神経障害性疼痛や線維筋痛症の治療薬候補化合物の開発 -モルヒネ鎮痛効果の障害も解除-

2017.09.15
横浜市立大学研究推進センターYCU
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 横浜市立大学大学院生命医科学研究科
栗田順一特任助教、平尾優佳特任助手、
西村善文学長補佐と、
長崎大学医歯薬総合研究科 植田弘師教授
は、㈱PRISM BioLab の小路弘行博士ら
との共同研究で、神経障害性疼痛や
線維筋痛症を治癒させる候補化合物を
開発しました。
 
 開発に当たっては、NMR という
特殊な分光器を用いて、
神経障害性疼痛に関与している
タンパク質の機能に必要な構造を解析し、
その一部を模倣した化合物を設計して
合成しました。
 
 この化合物は確かにタンパク質の
機能の一部を模倣している事が
NMR で確認でき、
その化合物を神経障害性疼痛の
モデルマウスと線維筋痛症の
モデルマウスに投与すると、
障害の改善効果が明らかに
認められました。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 神経障害性疼痛や線維筋痛症に対しては
有効な治療法が無いのが現状です。
 
 一歩前進です。
 
 
>今回開発した化合物を発展させ、
>実際にヒトの神経障害性疼痛や
>線維筋痛症の治療薬の開発を
>行いたいと考えています。
 
 是非開発して頂きたい。
 
 大いに期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

オプラ・ウィンフリー製作総指揮・主演!エミー賞作品賞ノミネート!『不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生』BS10 スターチャンネルにて、 11月11日(土)<独占日本初放送>

BS10 スターチャンネルにて、
11月11日(土)<独占日本初放送>
2017年11月9日
PRTIMES
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 
 この種の人類にとって重要な話題を
取り上げた映画は、何処でも皆が
見ることの出来る形で
公開して貰いたいものだと思う。
 
 もっとも観客動員数の問題がある
とは思いますが、皆に知って欲しい
話題です。
 
 「ヒーラ細胞」は医師であれば
誰もが知っているはずだと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

多発性骨髄腫に対する新規「CAR-T細胞療法」を開発

2017年11月7日
大阪大学研究情報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大学大学院医学系研究科の
保仙直毅准教授
(呼吸器・免疫内科学、保健学科癌幹細胞
 制御学)、
熊ノ郷淳教授
(呼吸器・免疫内科学)および蛋白質
 研究所の高木淳一教授(分子創製学)
らの研究グループは、多発性骨髄腫
(以下、“骨髄腫”と言う)において、
活性型の構造を有するインテグリンβ7※1
が特異的に高発現し、
がん免疫療法の一つである
CAR-T細胞療法※2の標的になり得ることを
発見しました。
 
 本研究成果は、「Nature Medicine」に、
11月7日(火)午前1時(日本時間)に
公開されました。
---------------------------------------
 
 日本でも、「CAR-T細胞療法」に関する
研究報告が出始めましたね。
 
 「CAR-T細胞療法」注目しています。
 
 
>多発性骨髄腫に対する
>新しい免疫療法を開発しました。
 
>現在、準備中の医師主導治験により、
>それが本当に患者さんに恩恵を与えうる
>ものであるかを明らかにします。
 
>また、網羅的解析による治療標的探索
>では同定し得ない治療標的を同定し、
>“がんに特異的な立体構造”を
>標的とすることが可能であることを
>示せたことにより、
>今後、様々ながん種において
>新たな治療標的の探索に役立つ
>のではないかと期待しています。
 と言っています。
 
 
 大いに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

災害救助犬の活性度(情動)を遠隔モニタリングする技術を開発 サイバースーツに搭載し、サイバー救助犬による被災者捜索活動を支援

平成29年11月1日
東北大学
麻布大学
奈良先端科学技術大学院大学
熊本大学
京都女子大学
日本救助犬協会
科学技術振興機構(JST)
内閣府政策統括官
(科学技術・イノベーション担当)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
○新たに開発したサイバースーツで
 計測する心電と運動の情報により、
 救助犬の活動中の活性度
(快/不快の情動)を、
 その信頼度とともに推定することに
 成功しました(世界初)。
 
○タブレット端末などに表示すること
 により、災害救助活動中の犬の情動を
 リアルタイムに遠隔モニタリングする
 ことが可能です。
 
○これまでは飼い主の感覚でしか
 判断出来なかった犬の快/不快の
 情動を、他者が客観的に判断できること
 で、情動が快の時に集中的に捜索を
 実施し、不快の時は休憩を取らせる
 など、救助犬を効果的に運用すること
 ができます。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 
 
>今後は災害救助犬などの使役犬に
>応用し、探査を継続することに
>不快を覚えた時に適切に休憩をとらせる
>こと、快の時は継続して探査を行うこと
>で、探査の信頼性を維持しつつ、
>被災者を発見することを目指します。
 
>また、快/不快の情動以外の犬の情動を
>推定する技術にも拡張します。
 
>この技術の発展が、犬が感じたことを
>人間が共有する、人と犬の
>新たなコミュニケーション方法の開発に
>繋がると期待します。
 
 
 素晴らしいと思います。
 今後の展開に大いに期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

映像を見て感じた内容を脳から言葉で読み解く脳情報デコーディング技術を開発

2017年11月1日
国立研究開発法人情報通信研究機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
・CMなどの映像を見て感じたことを、
 1万語の「名詞・動詞・形容詞」の形で
 脳活動から解読
 
・より多種の物体・動作内容を読み解く
 技術に加え、新たに“印象”を読み出す
 技術を確立
 
・テレビCMなどの映像コンテンツ評価や
 発話を介さないコミュニケーション技術
 への応用が可能
---------------------------------------
 
 BMI
(ブレーン・マシン・インターフェース)
進歩しています。
 
 2016年度から開始したCMなどの
映像コンテンツの評価サービス事業に
使われているようですが、
発話や筆談が困難な方々などの
コミュニケーションを行う手段として
発展すると良いですね。
 
 最終的には誰でも利用出来るように
なると素晴らしいのですが、
いつ頃実現出来るのだろうか?
 
 
 大いに期待している技術です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

【研究成果】グラフェンの100 倍以上のキャリア数を持つ導電性シート 世界初「ディラック線」を持つ単原子シートの発見

2017/10/23
広島大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
本研究成果のポイント
 
・銅シリサイドCu2Si単原子シートを
 合成、
 その中に「ディラック線(注1)」の
 存在を発見。
 
・本シートに「ディラック線」が存在する
 ことを最先端の実験と理論で実証。
 
・グラフェンの100倍以上のキャリア数を
 持つ導電性シートとして
 次世代エレクトロニクスを飛躍的に向上
 させる可能性。
 
 本研究成果は総合科学雑誌の速報誌
「Nature Communications」
(オンライン版)に掲載されました。
---------------------------------------
 
>次世代エレクトロニクスを飛躍的に向上
 と言うのは素晴らしいですね。
 
 
 今後の展開に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

世界初、北海道大学が抗菌ペプチドで腸内細菌叢の異常を改善

2017年10月29日
大学ジャーナルONLINE
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 北海道大学の研究グループは、
腸の粘膜の細胞を増殖させるタンパク質
(R-Spondin1)が、腸内で高い殺菌作用を
もつ「α-ディフェンシン
(抗菌ペプチド)」を分泌する
「パネト細胞」を増殖させることを
発見した。
 
 腸内細菌叢の異常が関連する疾患への
新しい治療法として期待される。
---------------------------------------
 
 腸内細菌叢は人の健康に重要な影響を
及ぼします。
 
 その腸内細菌叢の異常を改善出来る
たんばく質を発見したそうです。
 
 
>今回開発した治療法は副作用が少ない
>とされるまったく新しい生理的治療法
>であり、造血幹細胞移植以外に
>糖尿病、膠原病、アレルギー、
>がんなどさまざまな病気への応用が
>期待される。
 と言っています。
 
 
 大いに期待したい。
 
 関連リンクは こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »