« オリンパス,顕微鏡のように細胞レベルまで観察ができる超拡大内視鏡Endocyto(エンドサイト)を発売~最大520倍観察を実現~ | トップページ | グルコース濃度に応答して血中から脳内に薬剤を届けるナノマシンを開発 »

2017年10月18日 (水)

富山大学ウイルス学講座白木教授らが新しい作用機序の帯状疱疹治療薬アメナメビルの開発に協力

2017/9/7
富山大学研究活動ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 富山大学医学部ウイルス学講座は、
新しい作用機序の帯状疱疹治療薬
アメナメビルの作用機序の特性を
明らかにするなど開発に関わって
きました。
 
 この度、アメナメビルは、
商品名「アメナリーフ錠200mg」として、
マルホ株式会社から平成29年9月7日に
発売されることになりました。
 
 アメナメビル(アメナリーフ錠200mg)
は、世界的に評価され、世界戦略が可能な
薬剤で、世界のヘルペス感染症治療の
標準薬になることが期待されます。
 
 
---------------------------------------
 
 世界戦略が可能な薬剤だそうです。
 
 
 世界のヘルペス感染症治療の標準薬
になると良いですね。
 
 期待したい。

|

« オリンパス,顕微鏡のように細胞レベルまで観察ができる超拡大内視鏡Endocyto(エンドサイト)を発売~最大520倍観察を実現~ | トップページ | グルコース濃度に応答して血中から脳内に薬剤を届けるナノマシンを開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山大学ウイルス学講座白木教授らが新しい作用機序の帯状疱疹治療薬アメナメビルの開発に協力:

« オリンパス,顕微鏡のように細胞レベルまで観察ができる超拡大内視鏡Endocyto(エンドサイト)を発売~最大520倍観察を実現~ | トップページ | グルコース濃度に応答して血中から脳内に薬剤を届けるナノマシンを開発 »