« 覚せい剤依存を抑制する新規分子を発見 | トップページ | オリンパス,顕微鏡のように細胞レベルまで観察ができる超拡大内視鏡Endocyto(エンドサイト)を発売~最大520倍観察を実現~ »

2017年10月16日 (月)

燃料電池と太陽電池を融合する同一触媒の開発に成功

2017.10.05
九州大学研究成果
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大学カーボンニュートラル
・エネルギー国際研究所(I2CNER)
/大学院工学研究院の
小江誠司(おごうせいじ)主幹教授らの
研究グループは、田中貴金属工業株式会社
との共同研究により、
燃料電池と太陽電池を融合する
同一触媒の開発に成功しました。
 
-----
研究者からひとこと
 
 自然界からヒントを得て、
光がない時(夜間)は、「水素」を
電子源とする水素酵素のごとく、
光がある時(昼間)は「水」を電子源
とする光合成のごとく駆動する
触媒・電池の開発を思いつきました。
 
 この開発がきっかけとなって、
将来、水素は夜間のための燃料となり、
昼間は水をタンクに入れれば、
車が走る時代が到来することを
期待します。
 
 
-----
本研究についての詳細は こちら
---------------------------------------
 
 光がない時(夜間)は水素で、
光がある時(昼間)は水で車が走る
時代が来ると素晴らしいですね。
 
 
まだまだ時間がかかるとは思いますが
大いに期待したいと思います。

|

« 覚せい剤依存を抑制する新規分子を発見 | トップページ | オリンパス,顕微鏡のように細胞レベルまで観察ができる超拡大内視鏡Endocyto(エンドサイト)を発売~最大520倍観察を実現~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燃料電池と太陽電池を融合する同一触媒の開発に成功:

« 覚せい剤依存を抑制する新規分子を発見 | トップページ | オリンパス,顕微鏡のように細胞レベルまで観察ができる超拡大内視鏡Endocyto(エンドサイト)を発売~最大520倍観察を実現~ »