« 金属分野の常識を打ち破る、単結晶成長メカニズムを解明 -形状記憶合金の量産プロセス開発で耐震分野の実用化に道筋- | トップページ | iPS細胞応用の薬 世界初の臨床試験 京大 »

2017年10月 5日 (木)

皮下脂肪組織から血小板を安定的・大量に創製する新規再生医学技術を確立-慶應義塾発の新規技術を社会への貢献に向けて-

2017/10/02
慶應義塾大学医学部
地方独立行政法人
神奈川県立産業技術総合研究所
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 慶應義塾大学医学部臨床研究
推進センター松原由美子特任准教授
(地方独立行政法人
 神奈川県立産業技術総合研究所
 研究グループリーダー)、
医学部の池田康夫名誉教授らは、
地方独立行政法人
神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)
との共同研究により、皮下脂肪細胞が
巨核球を経て血小板に分化することを
発見し、このたび、試験管内で安定的に、
皮下脂肪組織から血小板を大量に創製する
培養技術を確立しました。
 
 この技術は、外から遺伝子導入を行う
必要がないため、簡易かつ、安全性が高い
という優れた特徴を持っています。
 
 
プレスリリースは こちら
---------------------------------------
 
 ベンチャー企業を立ち上げた
ようですね。
 
 iPS細胞からも出来るようですが、
関連投稿
2014/2/14
 
 かなり実用化に近いような?
 
 より安全で、より経済的な方が
良いと思いますが、なかなか複雑に
なって来そうです。
 
 どちらにしても良いことですので
大いに期待したい。

|

« 金属分野の常識を打ち破る、単結晶成長メカニズムを解明 -形状記憶合金の量産プロセス開発で耐震分野の実用化に道筋- | トップページ | iPS細胞応用の薬 世界初の臨床試験 京大 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65877144

この記事へのトラックバック一覧です: 皮下脂肪組織から血小板を安定的・大量に創製する新規再生医学技術を確立-慶應義塾発の新規技術を社会への貢献に向けて-:

« 金属分野の常識を打ち破る、単結晶成長メカニズムを解明 -形状記憶合金の量産プロセス開発で耐震分野の実用化に道筋- | トップページ | iPS細胞応用の薬 世界初の臨床試験 京大 »