« 皮下脂肪組織から血小板を安定的・大量に創製する新規再生医学技術を確立-慶應義塾発の新規技術を社会への貢献に向けて- | トップページ | 世界初の有機材料を使った蓄光システムの開発に成功~レアメタル不要な新しい蓄光メカニズムを実現~ »

2017年10月 6日 (金)

iPS細胞応用の薬 世界初の臨床試験 京大

10月5日 18時26分
NHK NEWS WEB
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 iPS細胞を使って見つけた薬
→ 「免疫抑制剤として使われている
ラパマイシン」
と言う薬を使用した
FOP=進行性骨化性線維異形成症
という難病の患者を対象とした臨床試験
を実施するようです。
 
 良い結果が出て、承認まで行き着けたら
素晴らしいですね。
 
 大いに期待しています。

|

« 皮下脂肪組織から血小板を安定的・大量に創製する新規再生医学技術を確立-慶應義塾発の新規技術を社会への貢献に向けて- | トップページ | 世界初の有機材料を使った蓄光システムの開発に成功~レアメタル不要な新しい蓄光メカニズムを実現~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞応用の薬 世界初の臨床試験 京大:

« 皮下脂肪組織から血小板を安定的・大量に創製する新規再生医学技術を確立-慶應義塾発の新規技術を社会への貢献に向けて- | トップページ | 世界初の有機材料を使った蓄光システムの開発に成功~レアメタル不要な新しい蓄光メカニズムを実現~ »