« 慢性透析患者の生活の質(QOL)を高める新治療法 -「電解水」を用いた透析が、透析の副作用を抑える‐ | トップページ | 世界初「腎-脳-心臓」連関:腎臓から心臓を治療する - 冠攣縮性狭心症に対する腎動脈交感神経除神経治療の可能性 - »

2017年9月18日 (月)

採血が不要、非侵襲血糖値センサーの実用化に挑戦-QST第1号ベンチャー ライトタッチテクノロジー株式会社誕生-

2017/08/18
量子科学技術研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
発表のポイント
 
・最先端レーザーをコア技術とした
 QSTのベンチャー
 :ライトタッチテクノロジー株式会社を
 設立し、QSTでの研究成果の社会還元を
 目指す。
 
・病院から一般家庭まで広く普及できる
 小型の非侵襲血糖値センサーを
 事業展開することで、糖尿病患者の
 身体的及び精神的負担を軽減し、
 QOLの向上を図る。
---------------------------------------
 
 ベンチャー企業を立ち上げて研究成果を
社会還元する。素晴らしいです。
 
 
>まずは臨床研究に求められる、
>より小型の試作器を開発し、
>大学病院等で糖尿病患者を含めた
>臨床研究を実施し、
>POC(proof of concept)取得を
>目指します。
 
>その後、ヘルスケア、医療機器メーカー
>との協業により、治験(臨床試験)、
>厚生労働省の薬機承認を経て、
>病院から一般家庭まで広く普及できる
>小型の非侵襲血糖値センサーの
>実現を目指します。
 
 是非実現して欲しい。
 大いに期待しています。

|

« 慢性透析患者の生活の質(QOL)を高める新治療法 -「電解水」を用いた透析が、透析の副作用を抑える‐ | トップページ | 世界初「腎-脳-心臓」連関:腎臓から心臓を治療する - 冠攣縮性狭心症に対する腎動脈交感神経除神経治療の可能性 - »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65807697

この記事へのトラックバック一覧です: 採血が不要、非侵襲血糖値センサーの実用化に挑戦-QST第1号ベンチャー ライトタッチテクノロジー株式会社誕生-:

« 慢性透析患者の生活の質(QOL)を高める新治療法 -「電解水」を用いた透析が、透析の副作用を抑える‐ | トップページ | 世界初「腎-脳-心臓」連関:腎臓から心臓を治療する - 冠攣縮性狭心症に対する腎動脈交感神経除神経治療の可能性 - »