« 細胞内でタンパク質を検出して運命制御できる「RNAナノマシン」の構築 | トップページ | 日本独自の製法で世界最細「3mm手術用綿棒」を実用化 »

2017年9月22日 (金)

「なぜニューロンは増えないのか?」~脳梗塞などで脱落するニューロンを分裂させて補充する革新的な再生医療への期待~

平成29年9月19日
東京医科歯科大学
科学技術振興機構(JST)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
○ニューロンの細胞分裂を防ぐブレーキの
 仕組みが明らかになりました。
 
○そのブレーキを解除する低分子化合物
 を同定し、脳梗塞モデルニューロンの
 細胞分裂に成功しました。
 
○脳梗塞などで脱落するニューロンを
 分裂させて補充する革新的な再生医療
 への展開が期待されます。
---------------------------------------
 
 画期的な成果と言って良いのかな?
 
 
 関連投稿です。
2017.09.13
横浜市立大学 先端医科学研究センター
 
 上記研究とは注目点が違うようです。
 
 
>脳梗塞ニューロンの脱落を防ぎ、
>細胞分裂させるという方法は
>革新的な脳再生医療に結びつく
>可能性があります。
 
>しかしながら、脳に悪い影響を与える
>可能性やがん化の可能性も
>否定できません。
 
>今後は、脳梗塞後に分裂した
>ニューロンの機能を検討し、
>脳再生医療に展開できるかどうか
>検証します。
 
 脳再生医療に展開できるかどうか
今後の研究に期待しています。

|

« 細胞内でタンパク質を検出して運命制御できる「RNAナノマシン」の構築 | トップページ | 日本独自の製法で世界最細「3mm手術用綿棒」を実用化 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なぜニューロンは増えないのか?」~脳梗塞などで脱落するニューロンを分裂させて補充する革新的な再生医療への期待~:

« 細胞内でタンパク質を検出して運命制御できる「RNAナノマシン」の構築 | トップページ | 日本独自の製法で世界最細「3mm手術用綿棒」を実用化 »