« タンパク質合成の正確性を保証する品質管理の新機構 リボソームに目印をつけて異常タンパク質を分解する新規複合体の発見 | トップページ | 氷山の一角から見えてきたもの -日本の研究力を維持するために- »

2017年9月 1日 (金)

パーキンソン病霊長類モデルにおけるヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の移植の有効性と安全性の確認

2017年8月31日
京都大学iPS細胞研究所(CiRA)
理化学研究所
日本医療研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
・パーキンソン病霊長類モデル(サル)に
 ヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞
 注1)を移植し、術後のサルの行動解析
 によりパーキンソン病の症状が
 軽減されていることを観測した。
 
・移植したヒトiPS細胞由来ドパミン
 神経前駆細胞が脳内に生着し機能して
 いることを、MRI注2)とPET注3)
 および脳切片の組織学的解析によって
 確認した。
 
・少なくとも移植後2年以内において
 脳内で腫瘍を形成しないことを
 確認した。
---------------------------------------
 
 ヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞
の移植でパーキンソン病の症状が軽減
されたというのは素晴らしいことです。
 
 今のところ2年以内の確認段階ですが、
iPS細胞の有用性ますます期待できそう
です。
 
 iPS細胞から血小板という話しも
ありますし、
 
 本来の新薬の効果の確認の為に、
ということもある。
 
 
>iPS細胞を用いた細胞移植には、
>自家移植と他家移植の双方が
>想定されますが、
>パーキンソン病患者由来のiPS細胞から
>作製したドパミン神経前駆細胞、
>健康な人由来のiPS細胞から作製した
>ドパミン神経前駆細胞いずれを移植した
>場合も安全性高く脳内で機能することが
>分かりました。
 
>これらの結果に基づき、
>iPS細胞を用いたパーキンソン病の
>細胞移植療法の治験に向けて
>申請準備を進めたいと考えています。
 
 
 素晴らしいと思います。
 今後の進展に大いに期待したい。

|

« タンパク質合成の正確性を保証する品質管理の新機構 リボソームに目印をつけて異常タンパク質を分解する新規複合体の発見 | トップページ | 氷山の一角から見えてきたもの -日本の研究力を維持するために- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65736699

この記事へのトラックバック一覧です: パーキンソン病霊長類モデルにおけるヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の移植の有効性と安全性の確認:

« タンパク質合成の正確性を保証する品質管理の新機構 リボソームに目印をつけて異常タンパク質を分解する新規複合体の発見 | トップページ | 氷山の一角から見えてきたもの -日本の研究力を維持するために- »