« 100年来の謎・がんの代謝を解明~慶大先端生命研などの研究グループ、大腸がんの代謝が変化する仕組みを解明~ | トップページ | 新たな人工補酵素による二酸化炭素のギ酸への光還元の効率化に成功 »

2017年9月 8日 (金)

FDAが小児白血病の遺伝子治療薬を認可

2017.09.06
GIZMODE
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 米国食品医薬品局(FDA)が
2017年8月30日、患者の血液中の細胞を
操作する小児白血病の治療薬を
認可しました。
 
 この大きな決定により、FDA認可の
人間遺伝子操作治療への新しいドアが
開いたこととなります。
 
 この新薬キムリア(Kymriah)は、
スイス製薬の製薬会社ノバルティス
によって製造され、
キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)と
呼ばれる療法を用いるもの。
---------------------------------------
 
 ついにキメラ抗原受容体T細胞療法
による治療が認可されましたね。
 
 ずっと注目されていた療法で、
この大きな決定により、
人間遺伝子操作治療への新しいドア
が開いたこととなります。
 
 素晴らしい決定だと思います。

|

« 100年来の謎・がんの代謝を解明~慶大先端生命研などの研究グループ、大腸がんの代謝が変化する仕組みを解明~ | トップページ | 新たな人工補酵素による二酸化炭素のギ酸への光還元の効率化に成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65764849

この記事へのトラックバック一覧です: FDAが小児白血病の遺伝子治療薬を認可:

« 100年来の謎・がんの代謝を解明~慶大先端生命研などの研究グループ、大腸がんの代謝が変化する仕組みを解明~ | トップページ | 新たな人工補酵素による二酸化炭素のギ酸への光還元の効率化に成功 »