« 「なぜニューロンは増えないのか?」~脳梗塞などで脱落するニューロンを分裂させて補充する革新的な再生医療への期待~ | トップページ | アルツハイマー病の血液診断法の開発―血液中の極微量のリン酸化タウ蛋白の高感度・精密定量システムを世界で初めて開発― »

2017年9月23日 (土)

日本独自の製法で世界最細「3mm手術用綿棒」を実用化

2017年9月11日
大阪大学研究情報
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・よりキズの小さな手術を求める声が
 高まるなか、手術機器の多くが
 「ダウンサイジング化」
 (10mm→5mm→3mm)されてきました。
 しかしながら「手術用綿棒」の
 ダウンサイズは、製法上の制約から、
 長い間 5mm が限界となっていました。
 
・日本独自の綿棒製造製法により、
 従来の限界を超える細径化と、
 さらに自由な形状(凸凹型)のデザインを
 可能にしました。
 
・今回採用した製法で作成した綿棒は、
 微粒子数計測検査※4により、
 先発品よりも1000倍以上
 「コットン屑(溶出物)が少ない」
 ことが確認されました。
---------------------------------------
 
 素晴らしいです。日本のものづくり。
 
 
>今回、共同開発を行った山洋は
>綿棒一筋50年の製造メーカーです。
 
>昨今、生産拠点を海外に移設する企業が
>多い中、山洋は日本でのモノ作りに
>重きをおき、付加価値の高い商品を
>作り続けていました。
 
>ただ、その高度な技術が医療分野に
>届いておらず、山洋においても
>医療業界の壁の高さに参入を足踏みして
>いましたが、今回の産学官連携
>によって、その壁を払拭することが
>できました。
 
 中小企業の持っている技術力は
想像以上に高いものだと思って
います。
 
 その潜在能力を活かすべく、
産学連携がより進むよう、
政府は更なる後押しをして欲しい
と思います。

|

« 「なぜニューロンは増えないのか?」~脳梗塞などで脱落するニューロンを分裂させて補充する革新的な再生医療への期待~ | トップページ | アルツハイマー病の血液診断法の開発―血液中の極微量のリン酸化タウ蛋白の高感度・精密定量システムを世界で初めて開発― »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本独自の製法で世界最細「3mm手術用綿棒」を実用化:

« 「なぜニューロンは増えないのか?」~脳梗塞などで脱落するニューロンを分裂させて補充する革新的な再生医療への期待~ | トップページ | アルツハイマー病の血液診断法の開発―血液中の極微量のリン酸化タウ蛋白の高感度・精密定量システムを世界で初めて開発― »