« 採血が不要、非侵襲血糖値センサーの実用化に挑戦-QST第1号ベンチャー ライトタッチテクノロジー株式会社誕生- | トップページ | 細胞内でタンパク質を検出して運命制御できる「RNAナノマシン」の構築 »

2017年9月20日 (水)

世界初「腎-脳-心臓」連関:腎臓から心臓を治療する - 冠攣縮性狭心症に対する腎動脈交感神経除神経治療の可能性 -

2017年8月22日
東北大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 本研究は、ステント治療後の冠攣縮反応
に自律神経の異常が関与していること、
さらに、腎動脈交感神経除神経治療が
「腎‐脳‐心臓」という複数の臓器間
の連関を介して心臓へ好影響を与えること
を、動物モデルを用いて世界で初めて証明
したものであり、冠攣縮の病態解明や
新規治療法の確立、さらには
「腎‐脳‐心臓」の臓器連関のさらなる
解明につながることが期待されます。
 
 
詳細(プレスリリース本文)は こちら
---------------------------------------
 
 「腎‐脳‐心臓」は自立神経で繋がって
いて影響しあう?
 
 
>冠攣縮の病態解明や新規治療法の確立、
>さらには「腎‐脳‐心臓」の臓器連関の
>さらなる解明につながることが
>期待されます。
 
 
 臓器連関のさらなる解明に
大いに期待したい。

|

« 採血が不要、非侵襲血糖値センサーの実用化に挑戦-QST第1号ベンチャー ライトタッチテクノロジー株式会社誕生- | トップページ | 細胞内でタンパク質を検出して運命制御できる「RNAナノマシン」の構築 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65815505

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初「腎-脳-心臓」連関:腎臓から心臓を治療する - 冠攣縮性狭心症に対する腎動脈交感神経除神経治療の可能性 -:

« 採血が不要、非侵襲血糖値センサーの実用化に挑戦-QST第1号ベンチャー ライトタッチテクノロジー株式会社誕生- | トップページ | 細胞内でタンパク質を検出して運命制御できる「RNAナノマシン」の構築 »