« 自分で自分の首を絞める高齢者差別 | トップページ | 体温調節の行動には温度を「感じる」必要がないことを発見~熱中症の発症メカニズムの理解に大きな一歩~ »

2017年8月20日 (日)

「天然繊維に新風、保湿性抜群 超!しっとり新繊維"サク・レ"」を開発 -日本固有バイオマスからの新機能繊維-

2017/07/07
国立大学法人
北陸先端科学技術大学院大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)
の先端科学技術研究科/環境・エネルギー
領域の金子達雄教授らは、
グリーンサイエンスマテリアル株式会社
(GSM)およびオーミケンシ株式会社と
ともに、レーヨンに
日本固有種微生物スイゼンジノリから
抽出される超高分子サクラン
(発見者:岡島麻衣子研究員)を
練り込む独自技術を開発し、
従来のレーヨンより抱水性を26%も
向上させる新素材の作製に成功しました。
 
 伊藤忠商事子会社の株式会社ロイネが
主に乾燥肌・ベビー向け下着として
製品化・販売を目指します。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 是非、製品化・販売してください。
 
 せっかくの研究成果、世に出て、
人の役に立つ所まで行きつきたい
ですよね。
 
 
>この吸放湿性は肌と衣服間の保湿性と
>関係するため、サク・レを用いることで
>高い保湿性能を持つ「しっとり」とした
>下着やベビー服の実用化を目指します。
 
>肌と接触する衣類の保湿性は
>快適な着心地の実現のため
>非常に重要であるため、
>サク・レは、今後特に乾燥肌や
>肌の弱い乳幼児の中でニーズが高まると
>期待されます。
 
 
 製品化に大いに期待しています。

|

« 自分で自分の首を絞める高齢者差別 | トップページ | 体温調節の行動には温度を「感じる」必要がないことを発見~熱中症の発症メカニズムの理解に大きな一歩~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65687645

この記事へのトラックバック一覧です: 「天然繊維に新風、保湿性抜群 超!しっとり新繊維"サク・レ"」を開発 -日本固有バイオマスからの新機能繊維-:

« 自分で自分の首を絞める高齢者差別 | トップページ | 体温調節の行動には温度を「感じる」必要がないことを発見~熱中症の発症メカニズムの理解に大きな一歩~ »