« 室温成形可能で高強度な時効硬化型マグネシウム合金を開発 | トップページ | 【研究成果】ウイルスに対する反応性が高いT細胞は「共有T細胞レセプター」を利用していることを解明しました~有効性の高い細胞免疫療法の開発に大きな期待~ »

2017年8月12日 (土)

植物成分のリグニンだけでポリマー原料を効率的に生産する微生物の開発に成功~糖質をまったく使用せずに増殖してムコン酸の生産が可能に~

平成29年6月19日
弘前大学
長岡技術科学大学
科学技術振興機構(JST)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国立大学法人 弘前大学 農学生命科学部
園木 和典 准教授と
国立大学法人 長岡技術科学大学
大学院工学研究科 政井 英司 教授の
研究グループは、木材の主成分である
リグニン注2)だけを用いて、
ナイロンやペットボトルなどの
原料になるムコン酸を生産する微生物の
開発に成功しました。
 
 これまでの技術は、微生物を用いて
リグニンからムコン酸などの
有用化合物を生産できたとしても、
微生物の増殖に炭素源として“糖質”が
必要であったのに対し、
今回開発した微生物は、
リグニンから有用化合物を生産できる
だけでなく、微生物増殖の炭素源にも
“リグニン”を利用できることに
特徴があります。
 
 原料価格の点で優位なリグニンのみを
用いることで、生産におけるコスト低減
につながることが期待され、
将来発生しうる糖質の需要競合を
回避できます。
 
 本研究成果の詳細は、
平成29年6月24日(土)に開催される
日本農芸化学会東北支部シンポジウム、
平成29年9月11日(月)~14日(木)
に開催される第69回日本生物工学会大会
にて発表します。
---------------------------------------
 
 良さそうですね。
 
 
>本研究では、リグニンのみを
>原料として、ナイロンやペットボトル
>などに使われるポリマー合成の
>基幹化合物注7)であるムコン酸を、
>微生物を用いて生産し、
>かつ微生物の増殖も可能とする技術を
>確立し、平成29年4月25日に
>特許出願を行いました。
 
>今後は、ムコン酸生産の収量
>および収率を高めていくために、
>前処理方法の検討や、微生物株の
>さらなる改良を行う予定です
 
 
 今後に期待ですね。

|

« 室温成形可能で高強度な時効硬化型マグネシウム合金を開発 | トップページ | 【研究成果】ウイルスに対する反応性が高いT細胞は「共有T細胞レセプター」を利用していることを解明しました~有効性の高い細胞免疫療法の開発に大きな期待~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65655095

この記事へのトラックバック一覧です: 植物成分のリグニンだけでポリマー原料を効率的に生産する微生物の開発に成功~糖質をまったく使用せずに増殖してムコン酸の生産が可能に~:

« 室温成形可能で高強度な時効硬化型マグネシウム合金を開発 | トップページ | 【研究成果】ウイルスに対する反応性が高いT細胞は「共有T細胞レセプター」を利用していることを解明しました~有効性の高い細胞免疫療法の開発に大きな期待~ »