« 「主要ながん免疫抗原である硫酸化グリコサミノグリカンの同定」―次世代シーケンスによる胃がん免疫ゲノム解析の成果に基づく新規治療法開発への期待― | トップページ | 植物成分のリグニンだけでポリマー原料を効率的に生産する微生物の開発に成功~糖質をまったく使用せずに増殖してムコン酸の生産が可能に~ »

2017年8月11日 (金)

室温成形可能で高強度な時効硬化型マグネシウム合金を開発

2017.06.15
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
国立大学法人 長岡技術科学大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 NIMSと長岡技術科学大学の研究チームは、
自動車の車体などに使われている
アルミニウム合金に匹敵する
優れた室温成形性と強度を示す
マグネシウム合金圧延材を開発しました。
---------------------------------------
 
 製造コストの問題もクリア出来るそうで
良さそうですね。
 
 広く使用されるようになると良いと
思いますがどうなるかな?

|

« 「主要ながん免疫抗原である硫酸化グリコサミノグリカンの同定」―次世代シーケンスによる胃がん免疫ゲノム解析の成果に基づく新規治療法開発への期待― | トップページ | 植物成分のリグニンだけでポリマー原料を効率的に生産する微生物の開発に成功~糖質をまったく使用せずに増殖してムコン酸の生産が可能に~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65650158

この記事へのトラックバック一覧です: 室温成形可能で高強度な時効硬化型マグネシウム合金を開発:

« 「主要ながん免疫抗原である硫酸化グリコサミノグリカンの同定」―次世代シーケンスによる胃がん免疫ゲノム解析の成果に基づく新規治療法開発への期待― | トップページ | 植物成分のリグニンだけでポリマー原料を効率的に生産する微生物の開発に成功~糖質をまったく使用せずに増殖してムコン酸の生産が可能に~ »