« 【研究成果】ウイルスに対する反応性が高いT細胞は「共有T細胞レセプター」を利用していることを解明しました~有効性の高い細胞免疫療法の開発に大きな期待~ | トップページ | 獣医学部新設問題に思う 獣医師は足りているのか? »

2017年8月14日 (月)

臨床現場で安価に、簡単迅速に、薬剤耐性菌を検出!―薬剤耐性菌の伝播拡散防止に貢献できる新手法 ―

2017年6月23日
国立大学法人大阪大学
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
研究成果のポイント
 
・世界的問題となっている薬剤耐性菌
 (カルバペネム耐性腸内細菌科細菌)
 ※1-3の迅速簡便検出法を開発
 
・発展途上国など設備の整っていない
 臨床現場においても低コストかつ簡便に
 導入可能
 
・迅速簡便に薬剤耐性菌を検出すること
 により、耐性菌の伝播拡散防止への
 貢献に期待
---------------------------------------
 
 これもGood Newsですね。
 
 十分な設備が整っていない国に
於いても容易に薬剤耐性菌
(カルバペネム耐性腸内細菌科細菌)の
検出と拡散伝播防止対策が出来ることが
大切です。
 
 今後の展開に大いに期待しています。

|

« 【研究成果】ウイルスに対する反応性が高いT細胞は「共有T細胞レセプター」を利用していることを解明しました~有効性の高い細胞免疫療法の開発に大きな期待~ | トップページ | 獣医学部新設問題に思う 獣医師は足りているのか? »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臨床現場で安価に、簡単迅速に、薬剤耐性菌を検出!―薬剤耐性菌の伝播拡散防止に貢献できる新手法 ―:

« 【研究成果】ウイルスに対する反応性が高いT細胞は「共有T細胞レセプター」を利用していることを解明しました~有効性の高い細胞免疫療法の開発に大きな期待~ | トップページ | 獣医学部新設問題に思う 獣医師は足りているのか? »