« “切らない組織診断”でリアルタイムにがんを診断―最新のイメージングで低侵襲、迅速に大腸がんを診断する方法を開発― | トップページ | iPS細胞由来心筋シートの商業化を目的とした 大阪大学発ベンチャー企業への出資について »

2017年8月 8日 (火)

iPS細胞使った血液製剤の製法確立 京都

2017年8月7日
NHK NEWS WEB
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 
 京都市のベンチャー企業が
血液製剤の臨床試験を開始、
3年後には国の承認を、
とのこと。
 
 素晴らしいですね。
 いよいよ本格的になって来ました。
 
 今後に大いに期待しています。

|

« “切らない組織診断”でリアルタイムにがんを診断―最新のイメージングで低侵襲、迅速に大腸がんを診断する方法を開発― | トップページ | iPS細胞由来心筋シートの商業化を目的とした 大阪大学発ベンチャー企業への出資について »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞使った血液製剤の製法確立 京都:

« “切らない組織診断”でリアルタイムにがんを診断―最新のイメージングで低侵襲、迅速に大腸がんを診断する方法を開発― | トップページ | iPS細胞由来心筋シートの商業化を目的とした 大阪大学発ベンチャー企業への出資について »