« アストラゼネカのACALABRUTINIB、マントル細胞リンパ腫治療薬として米国食品医薬品局(FDA)より画期的治療薬に指定 | トップページ | iPS細胞使った血液製剤の製法確立 京都 »

2017年8月 7日 (月)

“切らない組織診断”でリアルタイムにがんを診断―最新のイメージングで低侵襲、迅速に大腸がんを診断する方法を開発―

2017年8月1日
国立大学法人大阪大学
国立研究開発法人
日本医療研究開発機構
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
概要
 
 大阪大学 大学院医学系研究科の
松井崇浩 特任助教(常勤) 、
石井優 教授(免疫細胞生物学)、
森正樹 教授(消化器外科学)らの
研究グループは、固定、染色などの工程を
行わずに、生きた組織のまま
大腸の深部まで迅速に観察でき、
大腸がんをリアルタイムに診断できる
方法を開発しました。
 
 従来のがん診断には、病変部から
組織を切り取ったのちに多くの処理工程を
経てガラス標本を作製してから、
顕微鏡を用いた観察により診断を行って
いますが、組織採取に侵襲的な処置が
必須であり、また検査を受けてから
診断されるまでに時間がかかることが
課題となっています。
 
 今回、石井教授らの研究グループは、
最新の生体可視化システムである
多光子励起イメージング技術※1を
用いることにより、固定、染色など
従来の処理工程を行うことなく、
生きた組織のまま迅速にヒト大腸組織の
深部が観察できる方法を開発することに
成功しました(図1)。
 
 この方法を用いることにより、
正常の大腸組織や大腸がんの組織を、
従来の診断方法よりも低侵襲的、迅速、
そして定量的に診断することが可能と
なります。
 
 今後、今回用いた技術を内視鏡などの
医療機器へ応用することによって、
患者さんの負担が少なく、
迅速ながん診断が行えると考えられ、
また早期がんの診断や内視鏡治療の分野
などにも今回の開発手法が精度向上に
大きく貢献することが期待されます。
---------------------------------------
 
>生体組織の深部を切除することなく
>可視化する
 素晴らしいですね。
 
 「低侵襲で迅速かつ定量的」だそう
です。
 
 精度向上に大きく貢献するはず。
 
 今回の技術が広く、多くの病院で
実施されるようになるよう
大いに期待しています。

|

« アストラゼネカのACALABRUTINIB、マントル細胞リンパ腫治療薬として米国食品医薬品局(FDA)より画期的治療薬に指定 | トップページ | iPS細胞使った血液製剤の製法確立 京都 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65632349

この記事へのトラックバック一覧です: “切らない組織診断”でリアルタイムにがんを診断―最新のイメージングで低侵襲、迅速に大腸がんを診断する方法を開発―:

« アストラゼネカのACALABRUTINIB、マントル細胞リンパ腫治療薬として米国食品医薬品局(FDA)より画期的治療薬に指定 | トップページ | iPS細胞使った血液製剤の製法確立 京都 »