« 獣医学部新設問題に思う 獣医師は足りているのか? | トップページ | 世界初!夢の反応“温和な条件でのアミド還元反応”に成功 »

2017年8月16日 (水)

原子核を見る新型電子顕微鏡の完成 -不安定核の陽子分布測定という新世界の扉を開けた-

2017年6月28日
理化学研究所
東北大学
立教大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
要旨
 
 理化学研究所(理研)仁科加速器
研究センターRI・電子散乱装置開発チーム
の若杉昌徳チームリーダー、
東北大学電子光理学研究センターの
須田利美教授、
立教大学理学部物理学科の栗田和好教授
らの共同研究グループ※は、
不安定原子核を見るための
新しい電子散乱実験装置
(新型電子顕微鏡)を完成させ、
同位体分離器から取り出された
微量のキセノン-132
(132Xe:陽子数54、中性子数78)
原子核の電子散乱実験を行い、
陽子分布を決めることに成功しました。
 
 本研究により、不安定核の電子散乱研究
という新しい研究領域の扉が
開かれました。
 
 
詳細は こちら
---------------------------------------
 
 不安定原子核の陽子分布を決めることに
成功したそうです。
 
 
 
>今後、不安定な原子核の陽子分布の
>測定が進み、本施設が原子核構造を
>包括的に理解する新しい原子核モデル
>を構築する拠点となることが
>期待されます。
 
 
 そうですね。大いに期待しています。

|

« 獣医学部新設問題に思う 獣医師は足りているのか? | トップページ | 世界初!夢の反応“温和な条件でのアミド還元反応”に成功 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65670513

この記事へのトラックバック一覧です: 原子核を見る新型電子顕微鏡の完成 -不安定核の陽子分布測定という新世界の扉を開けた-:

« 獣医学部新設問題に思う 獣医師は足りているのか? | トップページ | 世界初!夢の反応“温和な条件でのアミド還元反応”に成功 »