« ヒト細胞の染色体に外来遺伝子が組み込まれるメカニズムを解明 | トップページ | 抗酸化力と緑内障重症度との関係を解明 »

2017年8月26日 (土)

iPS細胞 ストック事業 移植約30%で拒絶反応

2017年8月25日
KBS京都
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 京都大学iPS細胞研究所がすすめる
ストック事業で移植のおよそ、30%で
拒絶反応が起こりうる可能性があると
京都大学の研究チームが発表しました。
 
 また、遺伝子操作で拒絶反応を制御する
方法を開発したということです。
---------------------------------------
 
 ちょっと心配ですね。
 
>拒絶反応を制御する方法を開発した
  とのことなのでなんとかなりそうですが、
 
 今後の研究に期待しています。

|

« ヒト細胞の染色体に外来遺伝子が組み込まれるメカニズムを解明 | トップページ | 抗酸化力と緑内障重症度との関係を解明 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65711897

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞 ストック事業 移植約30%で拒絶反応:

« ヒト細胞の染色体に外来遺伝子が組み込まれるメカニズムを解明 | トップページ | 抗酸化力と緑内障重症度との関係を解明 »