« iPS細胞使った血液製剤の製法確立 京都 | トップページ | 「主要ながん免疫抗原である硫酸化グリコサミノグリカンの同定」―次世代シーケンスによる胃がん免疫ゲノム解析の成果に基づく新規治療法開発への期待― »

2017年8月 9日 (水)

iPS細胞由来心筋シートの商業化を目的とした 大阪大学発ベンチャー企業への出資について

2017年8月7日
第一三共株式会社
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 
 第一三共株式会社が大阪大学発
ベンチャー企業のクオリプス株式会社
への出資およびクオリプスが開発する
iPS細胞*1由来心筋シートの
全世界での販売オプション権に関する
契約を締結しました。
 とのこと。
 
 企業として成り立って行くことが
出来るのかどうかわかりませんが、
出資してくれる企業が出て来た
というのは素晴らしいことだと
思います。
 
 (株)ジャパン・ティッシュ
・エンジニアリングの例を見ても
道遠し、のように思えますが、
ベンチャー企業が巣立って行くこと
は素晴らしいこと。
 
 「iPS細胞を使った」応用製品
ということで、応援したい。

|

« iPS細胞使った血液製剤の製法確立 京都 | トップページ | 「主要ながん免疫抗原である硫酸化グリコサミノグリカンの同定」―次世代シーケンスによる胃がん免疫ゲノム解析の成果に基づく新規治療法開発への期待― »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65643020

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞由来心筋シートの商業化を目的とした 大阪大学発ベンチャー企業への出資について:

« iPS細胞使った血液製剤の製法確立 京都 | トップページ | 「主要ながん免疫抗原である硫酸化グリコサミノグリカンの同定」―次世代シーケンスによる胃がん免疫ゲノム解析の成果に基づく新規治療法開発への期待― »