« FOPにおける骨化を抑える方法の発見 ~FOPの異所性骨形成のシグナル伝達メカニズムの解明~ | トップページ | ミカンのポリフェノールによる緑内障治療の可能性を示唆 ‐ヘスペリジンは網膜細胞障害において神経保護作用を持つことを発見‐ »

2017年8月 4日 (金)

「血液1滴から13種のがん発見」、実用化へ動きだす

2017/08/03
日経デジタルヘルス
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 1滴の血液から、13種類ものがんを
超早期に発見する――。
 
 国立がん研究センターは2017年8月、
そんな技術の実用化を目指した臨床研究を
同センター中央病院で始める。
 
 患者から新たに採取する血液による
検証をいよいよ始める格好だ。
 
 いわゆるリキッドバイオプシーの
“本命”とも見なされる技術が実用化へと
大きく動きだす。
---------------------------------------
 
 Good News!
 
 この辺の技術の進歩には注目して
います。
 
 実用化され広まると良いですね。
 
 早期診断にも繋がるし、患者負担も
少ない。

|

« FOPにおける骨化を抑える方法の発見 ~FOPの異所性骨形成のシグナル伝達メカニズムの解明~ | トップページ | ミカンのポリフェノールによる緑内障治療の可能性を示唆 ‐ヘスペリジンは網膜細胞障害において神経保護作用を持つことを発見‐ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65618847

この記事へのトラックバック一覧です: 「血液1滴から13種のがん発見」、実用化へ動きだす:

« FOPにおける骨化を抑える方法の発見 ~FOPの異所性骨形成のシグナル伝達メカニズムの解明~ | トップページ | ミカンのポリフェノールによる緑内障治療の可能性を示唆 ‐ヘスペリジンは網膜細胞障害において神経保護作用を持つことを発見‐ »