« 胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発 腹膜転移リスク患者に 術中予防的治療の臨床試験を開始 | トップページ | 高機能抗体のデザイン技術 -多様な機能性を持つ抗体「Variabody」が作製可能に- »

2017年7月29日 (土)

遺伝子治療によるイヌのデュシェンヌ型筋ジストロフィーの軽減

2017年7月26日
natureasia.com
注目のハイライト
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 デュシェンヌ型筋ジストロフィーの
遺伝子治療によって、
この疾患のイヌモデルの症状が軽減され、
この治療法がデュシェンヌ型
筋ジストロフィーの筋肉症状を軽減する
安全で有効な方法であることが
実証された。
 
 この研究成果について報告する論文が、
今週掲載される。
---------------------------------------
 
 Good News!
 
 難病にとって遺伝子治療は大きな
希望です。
 
 早く、手の届く所に来て欲しい。

|

« 胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発 腹膜転移リスク患者に 術中予防的治療の臨床試験を開始 | トップページ | 高機能抗体のデザイン技術 -多様な機能性を持つ抗体「Variabody」が作製可能に- »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65594907

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子治療によるイヌのデュシェンヌ型筋ジストロフィーの軽減:

« 胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発 腹膜転移リスク患者に 術中予防的治療の臨床試験を開始 | トップページ | 高機能抗体のデザイン技術 -多様な機能性を持つ抗体「Variabody」が作製可能に- »