« 世界初、実海域において海流発電の100kW級実証試験を実施へ | トップページ | 「 オートファジー細胞死の生体での役割 」― オートファジーの新たな役割 ― »

2017年7月17日 (月)

インキュベータ内で培養中の細胞を観察できる蛍光イメージング装置を開発

2017年6月
東芝研究開発センター
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
概要
 
 当社は、インキュベータ(注1)内で
培養する細胞集団の蛍光像(注2)を、
対物レンズを用いることなく可視化する
イメージング装置を技術開発しました。
 
 本開発品は、細胞集団の中から
単一の細胞を個別に判別することが
可能で、従来比3分の1(注3)の
空間分解能10μm未満を世界で初めて
達成しました(注4)。
 
 本開発品の詳細は、台湾で開催される
国際会議「Transducers 2017」にて、
6月20日(現地時間)に発表します。
---------------------------------------
 
 「レンズレスイメージング」
知りませんでした。
 
 興味深いやり方ですね。
 利点もいろいろありそうです。
 
 
 
>当社は、今回技術開発した
>蛍光イメージング装置の事業化に向けて、
>あらゆるパートナー企業との連携を
>目指すとともに、顧客に提供する価値
>の更なる向上のために研究開発を
>進めていきます。
 
 
 期待したいと思います。

|

« 世界初、実海域において海流発電の100kW級実証試験を実施へ | トップページ | 「 オートファジー細胞死の生体での役割 」― オートファジーの新たな役割 ― »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65545266

この記事へのトラックバック一覧です: インキュベータ内で培養中の細胞を観察できる蛍光イメージング装置を開発:

« 世界初、実海域において海流発電の100kW級実証試験を実施へ | トップページ | 「 オートファジー細胞死の生体での役割 」― オートファジーの新たな役割 ― »