« iPS細胞を用いてヒト肝臓発生の複雑なメカニズムを解明~再生医療の実現を加速~ | トップページ | 【報ステ】Muse細胞『慢性腎臓病』に効果が »

2017年7月14日 (金)

第一三共 がん治療用ウイルス「G47Δ」 希少疾病用再生医療等製品の指定獲得

2017/07/12
ミクスonline
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 第一三共は7月11日、ウイルスを用いて
がん細胞を死滅させるという
新しいコンセプトの治療法に用いる
がん治療用ウイルス「G47Δ」
(ジーよんじゅうななデルタ、
 開発コード:DS-1647)が、
開発中の悪性神経膠腫を対象に、
厚労省から希少疾病用再生医療等製品に
指定されたと発表した。
 
 G47Δは東京大学医科学研究所の
藤堂具紀教授らにより創製されたもので、
第一三共は藤堂教授と共同開発している。
 
 G47Δの悪性神経膠腫を対象とした
開発は現在、日本でフェーズ2
(医師主導治験)が実施されている。
 
 今後の開発スケジュールは開示して
いない。
---------------------------------------
 
 やっと厚労省から希少疾病用再生医療等
製品に指定された。らしい
 
 期待していたものです。
 積極的に推進して欲しい。
 
 
 関連投稿です。
2015/8/25 dot.asahi
 
 2009年には安全性を確かめる
臨床研究をスタートさせた。
 
 と言っていたものです。
 ずいぶん時間がかかりますね。
 
 16年2月には、先駆け審査指定制度の
対象品目に指定されている。
 そうですから、これからが勝負ですね。
 
 
 大いに期待しています。

|

« iPS細胞を用いてヒト肝臓発生の複雑なメカニズムを解明~再生医療の実現を加速~ | トップページ | 【報ステ】Muse細胞『慢性腎臓病』に効果が »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65533133

この記事へのトラックバック一覧です: 第一三共 がん治療用ウイルス「G47Δ」 希少疾病用再生医療等製品の指定獲得:

« iPS細胞を用いてヒト肝臓発生の複雑なメカニズムを解明~再生医療の実現を加速~ | トップページ | 【報ステ】Muse細胞『慢性腎臓病』に効果が »