« アンモニアを直接燃料とした燃料電池による1キロワットの発電に成功 | トップページ | 植物への病原菌感染に新機構 植物の病原菌感染を防ぐ画期的な薬剤の開発に期待 »

2017年7月 6日 (木)

敗血症の進行を抑えることに成功 ~CD300f の機能阻害薬による敗血症治療への可能性~

2017.6.30
順天堂大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 順天堂大学大学院医学研究科・アトピー
疾患研究センターの伊沢久未助教、
北浦次郎先任准教授らの研究グループは、
マウスにおいて免疫細胞の受容体CD300f*1
を標的とした敗血症の治療法を
開発しました。
 
 マウスの敗血症性腹膜炎モデル
において、敗血症進行への分子メカニズム
を明らかにし、CD300fとそのリガンド
(特定の受容体に特異的に結合する物質)
である脂質セラミドの結合を阻害する薬剤
の投与により、マウスの致死率を
劇的に改善させることに成功しました。
 
 この成果は今後の敗血症の治療に
大きく道を開く可能性を示しました。
 
 本研究は英科学雑誌Scientific Reports
電子版に6月27日付けで発表されました。
 
 
-----
本研究成果のポイント
 
・CD300f の機能を阻害する薬剤は
 敗血症性腹膜炎の致死率を劇的に改善
 
・CD300f とセラミドの結合は
 大腸菌によるマスト細胞*2と
 好中球*3の活性化を抑制
 
・CD300f を標的とする免疫賦活化薬
 による敗血症治療の可能性
 
 
詳細は こちら
---------------------------------------
 
 免疫力を向上させるという方法ですね。
 
 
 
>ヒトCD300fの機能を抑える
>ヒト型CD300f抗体や低分子化合物を
>薬剤にできれば、自然免疫を賦活化する
>ことにより、細菌感染症から敗血症への
>進展を抑える新たな治療法を確立
>できると期待しています。
 
>この薬剤は抗菌薬とは全く異なる機序で
>作用するので、抗菌薬との併用も
>可能であると考えられます。
 
>また、感染巣が不明な感染初期の患者
>や敗血症が進行した免疫抑制状態の
>患者にも有効な可能性があります。
 
>本研究成果を基に、画期的な
>敗血症治療薬の開発が進むことが
>期待されます。
 
 
 期待しています。

|

« アンモニアを直接燃料とした燃料電池による1キロワットの発電に成功 | トップページ | 植物への病原菌感染に新機構 植物の病原菌感染を防ぐ画期的な薬剤の開発に期待 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65500039

この記事へのトラックバック一覧です: 敗血症の進行を抑えることに成功 ~CD300f の機能阻害薬による敗血症治療への可能性~:

« アンモニアを直接燃料とした燃料電池による1キロワットの発電に成功 | トップページ | 植物への病原菌感染に新機構 植物の病原菌感染を防ぐ画期的な薬剤の開発に期待 »