« 画期的な核酸医薬、スピード承認 神経難病の治療薬 | トップページ | 敗血症の進行を抑えることに成功 ~CD300f の機能阻害薬による敗血症治療への可能性~ »

2017年7月 5日 (水)

アンモニアを直接燃料とした燃料電池による1キロワットの発電に成功

平成29年7月3日
京都大学
科学技術振興機構(JST)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 アンモニアを直接燃料とした
固体酸化物形燃料電池(SOFC)注1)
で、世界最大規模(1キロワット(kW)
クラス)の発電に成功しました。
 
 国立大学法人 京都大学、
株式会社ノリタケカンパニーリミテド、
株式会社IHI、株式会社日本触媒、
株式会社豊田自動織機、
三井化学株式会社、
株式会社トクヤマは共同研究により、
アンモニア燃料電池の世界最大規模の
発電に成功しました。
 
 アンモニア(NH3)はそれ自身が
水素を多く含んでおり、
エネルギーキャリア注2)として
期待されています。
 
 今回、アンモニアを燃料として
直接SOFCスタック注3)(図1)に
供給し、1kWの発電に成功しました
(図2:発電結果、発電効率)。
 
 これまでも小規模な発電には成功して
いましたが、研究開発の結果、
汎用SOFCと同程度の発電出力を
達成できたことで、アンモニアが
SOFCの燃料として適しており、
有害物質や温暖化ガスの発生を伴わない
発電が実用規模まで拡大できる可能性を
示すことができました。
 
 アンモニアのエネルギーキャリア
および燃料としての利用技術の
大きな進展となり、CO2フリー発電の
実現が期待されます。
 
 この技術の詳細は、
2017年7月9日~12日に
チェコ共和国プラハで開催される
「The 7th World
 Hydrogen Technology
 Convention」で発表されます。
---------------------------------------
 
 良いですね。
 CO2フリー発電の実現に期待したい。
 
 
 
>アンモニア燃料を用いて1kW級の
>コンパクトなパッケージ実証機を
>作製し、運転を行う予定です。
 
>将来的にアンモニア燃料電池は、
>分散型電源として業務用の発電などへの
>展開も期待されます。
 
 
 商用化までにはまだ時間がかかる
かな?
 
 アンモニアは水素より作成効率が
良いので期待したい。
 
 水から電気分解での水素製造は
あまりに効率が悪い。
 
 関連リンク
 
 
 アンモニアを合成する方法は
いろいろあるので期待出来ると
思う。

|

« 画期的な核酸医薬、スピード承認 神経難病の治療薬 | トップページ | 敗血症の進行を抑えることに成功 ~CD300f の機能阻害薬による敗血症治療への可能性~ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65496823

この記事へのトラックバック一覧です: アンモニアを直接燃料とした燃料電池による1キロワットの発電に成功:

« 画期的な核酸医薬、スピード承認 神経難病の治療薬 | トップページ | 敗血症の進行を抑えることに成功 ~CD300f の機能阻害薬による敗血症治療への可能性~ »