« からだに優しいがん転移予防薬の実現に向けて-がんの信号を抑える心臓ホルモンのメカニズム解明- | トップページ | 再生可能エネルギー等を利用して、ほしいときにほしいだけ 低温小型でオンデマンドに駆動するアンモニア合成プロセスを開発 »

2017年6月 9日 (金)

がん細胞を効果的に傷害する"薬効ルール"を発見!~高い薬効を有する低分子型抗体の簡便なスクリーニング手法の開発に成功~

2017年6月 9日
東北大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 熊谷 泉(東北大学名誉教授)、
梅津 光央(東北大学大学院工学研究科
教授)杉山 在生人(東北大学大学院工学
研究科博士後期課程3年、日本学術振興会
特別研究員)らの研究グループは、
がん細胞を効果的に傷害でき、
治療薬として有望な組換え抗体分子を
簡便にスクリーニングする手法の開発に
成功しました。
 
 研究グループは、実際にこの手法を
用いることでがん細胞に対して
従来より約1千倍高い薬効を示す
組換え抗体の創製に成功し、
また高い薬効を示す組換え抗体に
共通した特徴を明らかにすることが
できました。
 
 本スクリーニング手法の確立により、
組換え型がん治療抗体開発の更なる加速
が期待されます。
 
 この研究成果は、2017年6月6日付
(英国時間)で「Scientific Reports
(オンライン版)」に掲載されました。
 
 また、本研究は、科学研究費助成事業
特別推進研究、および日本学術振興会
特別研究員奨励研究費を受けて
実施されました
 
 
---------------------------------------
 
>約1千倍高い薬効を示す組換え抗体
>の創製に成功
 素晴らしい成果ですね。
 
 
>研究グループは発現遺伝子ベクターの
>効率的な作製法、
>組換え抗体の簡易的な精製のみを
>介した簡便な薬効評価法を開発する
>ことで、組合せの網羅的な検討を
>可能とするプロセスを構築しました。
 
>これを実証するために、
>実際に 100 を超えるディアボディを
>網羅的に作製し、開発した薬効評価法を
>用いてスクリーニングを行ったところ、
>従来よりも 1 千倍高い薬効を示す
>ディアボディの創製に成功しました。
 
>さらに、スクリーニングで選抜されて
>きた高薬効型ディアボディ群の諸特性を
>比較したところ、「LH 型と呼ばれる
>構造設計が高薬効を発現しやすい
>こと」、「効果的に薬効を発現できる
>エピトープ(抗体が認識する領域)が
>存在すること」、
>さらには「リンパ球に対する結合力
>より、がん細胞に対する結合力の方が
>薬効発現に重要であること」等の
>薬効発現に大きく関わる“薬効ルール”
>を見出すことにも成功しました。
 
 
 更なる進展により、高い薬効を有する
低分子型抗体が発見されることに
大いに期待したい。

|

« からだに優しいがん転移予防薬の実現に向けて-がんの信号を抑える心臓ホルモンのメカニズム解明- | トップページ | 再生可能エネルギー等を利用して、ほしいときにほしいだけ 低温小型でオンデマンドに駆動するアンモニア合成プロセスを開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/65389989

この記事へのトラックバック一覧です: がん細胞を効果的に傷害する"薬効ルール"を発見!~高い薬効を有する低分子型抗体の簡便なスクリーニング手法の開発に成功~:

« からだに優しいがん転移予防薬の実現に向けて-がんの信号を抑える心臓ホルモンのメカニズム解明- | トップページ | 再生可能エネルギー等を利用して、ほしいときにほしいだけ 低温小型でオンデマンドに駆動するアンモニア合成プロセスを開発 »